予約ラボでは「予約」に関する独自リサーチ、体験取材などの情報を配信中

お寺でレッスン!「座禅×ヨガ」を体験して心とカラダをリフレッシュ!

ゆるーくヨガに通い続けて早5年。なのにカラダの柔軟性はちっとも変化してない、予約ラボのうっちです。

そういえば最近スタジオ以外の”いつもと違う空間”でヨガするのが流行っているらしい!?
ビーチで海を見ながらとか、パークヨガ(公園の芝生)とか…ふむふむ、いつものヨガポーズでも、より開放的な気分で深くゆったりと呼吸できるかも!それになんだかおしゃれじゃないか!笑

うわ、きもちよさそー

うわ、きもちよさそー

出典:http://hawaiing.com/healing02/

私もやってみたい…(そしておしゃれな写真をインスタに載せたい)
ということで、今回はいつもと違うヨガ体験を取材しに行くぞ~!

いろいろあるぞ!◯◯ヨガ!

山ヨガ出典:http://yamayoga.jp/

探してみたら本当にいろんなところでヨガやってるんだな〜
たしかに、ヨガマットさえあれば(最悪なくても)どこでもできるもんね。

サップヨガ

水の上だったり

出典:http://ohanasupdiner.ti-da.net/e7296360.html

ということで近場でもなにかやってないか探してみると・・早速発見!

zazenyoga

座禅×ヨガ…いいじゃん!これだ!!

今回見つけたのは静岡県磐田市見付にある慈恩寺(じおんじ)で開催されている、ヨガレッスンと座禅が一緒にできちゃうイベント。

お寺でのヨガは月に3回。そのうち1回に座禅が同時開催されている。座禅の開催日は不定期ですが、開催予定はヨガの先生のFacebookからも確認できます!もちろん、単発の参加もできます。

今回はfacebookでみつけました

今回はfacebookでみつけました

レッスン予定をFacebookでお知らせしているヨガスタジオは結構多いので、近所のレッスンを探すときは便利かも。気になるページはフォローしておくと、通えそうな時間ができたときにスグにレッスンを探せますね!

お寺の本堂でヨガ!自然の風を感じながらレッスン


磐田市見付は東海道の宿場町。お寺が点在する住宅街に慈恩寺があります。
受付を済ませ、本堂へ。自然のやさしい光と風が入って心地いい〜。2列にヨガマットを並べ、水筒を脇に置き準備完了。

今日の参加者は13名。近所に住んでいる方から子供さんを連れた主婦の方まで、参加者の年齢層は幅広いですね。「ヨガも座禅も初めて」という方も数人いました。

本堂を貸しきってのヨガなんて、なんだか贅沢

開始時刻となり、まずは約1時間のヨガレッスンがスタート!
先生が呼吸やポーズについて丁寧にアドバイスしてくれるので、ヨガ初心者でも動き方がわかりやすい。その日の参加者の様子に合わせてポーズを組み立ててくれます。

このポーズも意外ときついんです。笑

ゆるやかな動きだけど、腹式呼吸を意識しながら姿勢を伸ばしていくと、じんわりと芯からカラダが温まってくる。ポーズをとっている間は踏み出す脚に力が入り、ちょっとプルプル。いい刺激が入ります。

流れる空気が違うから、いつものヨガより集中できた

ヨガは他人と比べちゃダメなんですって。
適度な負荷をかけながらも無理をしない範囲のポーズで。自分の身体と呼吸を見つめながらポーズをとっていきます。だから年齢・性別を問わず、誰もがチャレンジできるんですね!深い呼吸を繰り返すことで身体が新鮮な空気に満たされ、レッスンが終わる頃には気分がスッキリ、軽く汗が出てきます。

座禅。初心者でも安心して体験できる

ケイサク?スウソクカン?座禅の作法を知る


約10分の休憩をはさんで、座禅の時間。
その前に、初めて座禅に参加する人には、和尚さんから座禅の作法について説明があります。座り方、手の組み方、呼吸の仕方など、カタチの基本を教えてもらいます。

座禅の呼吸は「吐いて」(こっちが先なのがポイント)「吸う」をゆっくりと行います。その間、雑念を払い集中するために、呼吸に合わせて数を10まで数えます。この方法は数息観(すうそくかん)といい、途中で数が分からなくなったら、一から数え直します。

まだ打たれてません、練習です。笑

続いて警策(けいさく)の受け方。
座禅と言えば、この長い木の棒(警策)で叩かれるイメージが強くありますよね。これは単に叩いているのではなく、注意力がなくなってきたり、姿勢が悪くなったりした際に注意をする意味があり、「励まし」を与えているそう。ちゃんと骨に当たらないように振り下ろすので、そんなに痛くないらしい。

座禅が始まると、一瞬にして凛とした空気に

本堂に戻り、座禅の準備をします。座布団を2枚用意し、手や足の組み方、姿勢を確認。
始める前に和尚さんの法話があります。「ご焼香の回数」のお話は、あまり意識したことのない作法のいわれを教えていただきました。豆知識を増やせてちょっと得した気分。

日常では味わえない空気に思わず背筋が伸びます

さあ、座禅体験が始まります。
柝(たく)と呼ばれる拍子木が打ち鳴らされ、鈴(りん)の音が響きます。もう、喋っちゃダメですよ。動いちゃダメですよ。

まわりが静寂に満たされます。座禅の列の間を、和尚さんがゆっくりと歩みます。歩みをすすめる足の気配だけが伝わり、空気がピンと張ったような感覚を覚えます。

一つ息を吐く度に「ひとーつ」。軽く息を吸って吐きながら「ふたーつ」…木々がそよぐ音や、遠くの工事の音が耳に入る。なかなか集中できない。10以上数えちゃったり、数がわからなくなったり。カンタンそうな気がしてたけど、やっぱり難しい。

「無心」になる…は何年も修行してようやく体得できるものだそう。

IMG_0449

痛いというより、気合の入る感じ

警策を受けよう、と心に決め、和尚さんが前を通る頃合いを見計らって、合掌で合図します。和尚さんと互いに礼。

まるめた背中に警策を当て、位置を確認してから警策が振り下ろされます。
音は派手に聞こえますが、痛さはあまりありません。叩かれた背中がじんわりと温かくなり、気合が入るというか、ちょっと新鮮な気持ち。「励まし」ね、なんか納得。

警策を受けて、ちょっとは集中できるようになったかな?数息観にふたたび挑みます。

IMG_0471

終了の合図で、結構緊張していたことに気づきます

鈴と柝の音が鳴り、座禅の終了が告げられました。場の空気が一気にほわっと緩みました。この日の座禅は約15分。

本来の座禅は一本の線香が燃え尽きるまでの約30分で1回。今回は初心者ばかりなので、ちょっと短めの座禅会でした。

茶礼 レッスン後のひととき

IMG_0468

お寺で行事があったときは、その終わりにお茶をいただく習慣があり、それを「茶礼(されい)」といいます。

日頃は京都・妙心寺に務めている和尚さんが、磐田に帰ってくる際に京都のお茶菓子をセレクトして用意してくださいます。今日はマールブランシェの「濃茶ラングドシャ」。お茶をいただきながら、隣に座り合わせた方とちょっと雑談のひととき。

お茶とお菓子でほっとひといき

お茶とお菓子でほっとひといき

ヨガで体を動かし座禅で心を落ち着かせたあとは、すがすがしい気持ちで満たされて、リフレッシュ感でいっぱい。今日のレッスンが終わりました。

なぜ座禅とヨガ?お寺が会場のレッスン秘話

イベントの経緯を取材させていただきました

イベントの経緯を取材させていただきました

「座禅×ヨガ」の開催を始めてから半年ほど経ち、レッスンはなかなか好評と実感しているという座禅を担当する副住職と詠美子先生。いまヨガレッスンに参加しているのは、ご近所の檀家さん、詠美子先生の生徒さんに加え、市内外に配布した案内チラシで知り、直接申し込んでくる人も増えています。

そもそも、お寺に足を運んでもらうキッカケを探していた副住職が思いついたのが「座禅」と「ヨガ」の共同開催。ヨガは人気も高く、幅広い年齢層が体験できる。そのうえ呼吸法など座禅とも親和性がありそうな点に魅力を感じた、という。

慈恩寺では月に1回、生花の教室も開催していて、定期的なお稽古の会場として「お寺」を提供しています。

地域に開かれたお寺。お寺に通う日常があっていい

地域交流の場にも

地域交流の場にも

お寺で開催するイベントは写経や座禅だけでなく、ヨガやジャズライブ、噺家さんを招いた落語会など多彩になってきた印象があります。
たとえば、静岡県袋井市にある法多山(はったさん)は多くの観光客が訪れる地元で有名な寺院。こちらでは「寺スタ」で朝ヨガ、スマホ撮影術、お漬物作りなどジャンルにこだわらない体験の場を提供しています。

その背景には寺院が抱える悩みがあるようです。
もともとお寺は開かれた場所であり、門が開いている時間は誰でも訪れてよいところ。ですが、近頃はお寺離れがささやかれ、地域との接点が減りつつある。そんな中、気軽に足を運んでもらえる「開かれたお寺」を意識した寺院が増え、地域コミュニティに根差すための趣向を凝らしている状況がみえてきます。

一過性ではなく、継続する価値を提供したい

IMG_0245
副住職が「一日に一度、たとえ5分でも静かに坐って、身体と呼吸と心をととのえましょう」と座禅を続けることの大切さをおっしゃっていました。

座禅もヨガも、継続して続けることに本来の意義があります。

慈恩寺のイベントは、習い事として定着している「ヨガ」で参加を継続させながら、同時に座禅というちょっと特別な体験も続けられる組み合わせのアイデアが魅力を増幅させています。

座禅や写経、法話会などに参加すると、お寺独特の神聖で清々しい空気も体感できます。最近はホームページでイベントや行事の案内をしているお寺もあり、電話やメールでも気軽に参加を申込めます。参拝以外のお寺の愉しみ方を探ってみると、違った発見がありそう。ひと味違った趣味や習い事を見つけられるかもしれませんね。

レッスン情報
●ヨガ
毎月第1・2・4 土曜日、13:00~14:00
[料金] 500円
[持ち物] ヨガマット または バスタオル。水分補給用の飲み物(水筒など)
●座禅
月1回 不定期開催(主に第4土曜日)、14:15~15:00
※ 動きやすい服装でお越しください
※ ヨガ・座禅どちらかのみの参加も可能です
<場所>
慈恩寺
静岡県磐田市見付2431−1
<予約・お問い合わせ>
慈恩寺 :TEL 0538-32-3098
ヨガ講師・柴田 詠美子さん : emikoyoga17@gmail.com (@マークは半角にしてください)

写真:Takenori NISHIYAMA

この記事の著者、最近書いた記事

内山 美由紀

株式会社リザーブリンク マーケティング担当。予約システムの評価と検証業務も兼務し、予約を「使う人」と「創る人」の橋渡しをしている。プライベートでは子供たちのスポーツ活動の応援が一番の楽しみ。

カテゴリから探す

予約ラボについて