ブライダルジュエリー販売の事前来店予約の65%は、ネット経由。

jewelry2015_user_admin_data3

前回のブライダルジュエリー販売店に予約する時間帯はいつか?という調査でも多少明らかになっておりましが、今回はシンプルなデータを用意してみました。上記円グラフをご覧ください。

リザーブリンクが提供する予約管理システムChoiceRESERVEを用いたブライダルジュエリー販売における事前来店予約は、2014年1月から2015年9月までの32,000件のデータのうち、実に65%がネット経由での予約であることがわかりました。
つまり、この21ヶ月で20,800件が、購入を検討している見込み客によってネット上で予約された計算です。

全業界の平均値と比べて、ネット予約率は1.3倍

ChoiceRESERVE全体の予約データと比較すると、「ユーザサイト予約:管理画面予約 = 50:50」ですので、ブライダルジュエリー販売における事前来店予約の、ネット経由率が1.3倍高い傾向にあるといえます。
特に、電話ができない時間帯のネット予約率の高さについては、時間帯別のネット予約割合に関する投稿で触れさせていただいた通りです。
なお、この期間での比率の変動はほぼなく、一定していました。

ジュエリー販売=小売業で、事前ネット予約が行われる理由とは?

今回のデータから、ネット予約を来店前のコンタクト方法の一つとして用意しておくということは、ブライダルジュエリーを検討している見込み客にとって、どの時間帯でも、思い立ったときに、予定をフィックスすることができるという点で、一定のニーズが存在しています。

ちなみに、以前弊社で実施したアンケート調査によると「予約して利用したことのあるお店(施設)TOP3」は、飲食店、美容室・ネイルサロン、病院・クリニックで、このようなサービス業であれば、事前に予約をしてからサービスを受けるということは、一般的に浸透していると読み取れます。

一方、お店で何かものを買うというときに、事前に予約をしてから買うということは、一見特異な行為にも思えますが、ブライダルジュエリーという商材の特徴として、「記念品だからこそ、じっくり選びたい」というニーズや、「結婚式などの日程が決まっている、あるいは、式の準備などで忙しいため、事前にスケジュールを決めておきたい」といった計画性を求めている可能性が考えられます。

このあたりの、ブライダルジュエリーの購入状況については、別途購入経験者を対象としたアンケート調査を実施して後日ご報告させていただく予定です!
「結婚指輪・婚約指輪」ショップ選びのポイントは?~ブライダルジュエリーを購入したカップルのホンネを調査~ を実施しました。

この記事の著者、最近書いた記事

星野 陽介

予約ラボ所長。2012年に(株)リザーブリンクに入社し、3000件以上の予約管理の課題解決に関わる。国内最大規模のクラウド型予約システムであるChoiceRESERVE事業部責任者を経て、2018年より予約ラボ所長として、利用者と事業者双方の視点で「予約の知見」と「サービスの現場」を研究・発信中(twitter)。旅、料理、野球が好き。1985年浦和育ち・世田谷在住。「予約」と「サービス・マーケティング」の専門性を活かした顧問サービスのご相談や、予約ラボに関わってみたい!という方、お気軽にお問合せください。

カテゴリから探す

予約ラボについて