予約ラボは、「予約の知見」で「サービスの現場」を科学し、そこに眠る価値を発見・共創していく、日本で唯一の予約研究機関です。

18/06/07開催「”多言語・訪日・予約”のプロが語る!インバウンドとコト消費の傾向と実態」に登壇します

yoyakulab_wovn_honichilab_event_banner

2020年東京オリンピックへ向け、ますます注目を集めるインバウンド。訪日観光が認知されるにつれ、爆買いなどのモノ消費から、茶道・キモノ・農村体験などのコト消費に移行が始まっているといわれています。

しかし、インバウンドという言葉だけが先行し、その現場の実態はどうなっているのでしょうか。

そこで現場を知る「多言語化」「訪日」「予約」プロが集まり、インバウンドとコト消費の傾向と実態についてパネルディスカッションを開催します!

プレ旅マエ・旅マエ・旅ナカ・旅アト
※訪日ラボさんよりご提供いただきました上記のフレームワークは、旅行者の行動ステップを「プレ旅マエ>旅マエ>旅ナカ>旅アト」の4つに分類し、それに対してどのような対応をすべきなのかを端的に表しています。

本イベントで行われるパネルディスカッションに、今回「予約のプロ」として、予約ラボ所長の星野が登壇いたします。

他に「多言語のプロ」としてウェブサイト多言語化サービスを提供するWOVN.ioのCOO上森氏、「訪日のプロ」として日本最大級のインバウンドニュースサイト「訪日ラボ」特派員の田熊氏がパネラーとしてご参加いただきます。

またインバウンドに関する課題を話しあえる場をご提供できればと考え、名刺交換や質疑応答の時間を設け、全員参加型のイベントを予定しています。

セミナー詳細・お申し込み

 

こんな課題を持っている方にオススメ

・既存のウェブサイトをインバウンド需要に合ったものに強化しようと思っている。

・これから、インバウンド需要に合わせて、サービスを立ち上げる予定。

・外国人向けのサービスを運用中だが、マーケティングや言語対応、予約管理に課題を抱えている。

・インバウンドにおいて、地域やサービスごとの課題の共通点と課題を知りたい。

パネルディスカッション概要

■日時
6月7日(木)15時~17時 (14時45分~受付開始)

■会場
東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル3F KaleidoWorks内

■定員
30名(定員になり次第締め切らせて頂きます。)

■参加費
2000円(現地お支払い/現金決済のみになります)

 

セミナー詳細・お申し込み

 

この記事の著者、最近書いた記事

予約ラボ編集部

予約一筋15年のリザーブリンクが運営する『予約ラボ』の編集部です。注目のサービスや、予約から始まるサービス体験、予約管理にまつわるビジネスノウハウまで、「予約」に関するあらゆる情報をお届けします!共同研究のご相談や、予約ラボに関わってみたい!という方、お気軽にお問合せください。

カテゴリから探す

予約ラボについて