予約ラボでは「予約」に関する独自リサーチ、体験取材などの情報を配信中

マカオグランプリだけじゃない!予約してから行きたいマカオのアクティビティ3選!

マカオ

マカオグランプリとカジノだけじゃない

前回マカオグランプリに関する記事を書きましたが

前回の記事はこちら
世界最高峰の公道レース「マカオグランプリ」を予約しよう!

実はマカオにはマカオグランプリ以外にも予約して楽しめるアクティビティやショーがいっぱいあります。
今回はその中でも特に人気のものをご紹介します。

アクティビティ天国マカオタワー

マカオのアクティビティを語るうえで欠かせない場所があります。

それが「マカオタワー」です。

macau21

出典-マカオコンシェルジュ

『マカオタワー』とは

地面から最頂部まで、タワーは338メートル(1109フィート)の高さを誇る。棟には全景を見渡せるデッキ状の展望台部分やレストラン、映画館、ショッピングモールが設けられており、タワーはマカオの景色を一望できる最良の場所にあります。展望や娯楽に使用されるタワーは、電気通信や放送を目的としても使われている。
wikipedia|マカオタワー

放送を目的として使われているので日本でいうところの「東京タワー」や「スカイツリー」のようなものですね。

しかし東京タワーやスカイツリーには展望台しか無いのに対してマカオタワーにはその「高さを活かしたアクティビティ」がたくさんあるんです!

ギネス級の「バンジージャンプ」

マカオタワーにあるアクティビティでも特に人気が高いのが「バンジージャンプ」です。

しかし、ただのバンジージャンプではありません。

「世界一のバンジージャンプ」なんです。

まずは動画をご覧ください

高ーーーーーいっ!

macau22

出典-マカオコンシェルジュ

『Bungy Jump』

ギネス世界記録に認定された世界最高の商業用バンジージャンプに挑戦してみませんか?233mの高さからの時速約200kmでの急降下、地上30mまでリバウンドする刺激的な感覚を是非ご体験ください!
マカオコンシェルジュ|マカオタワー

233mというと、東京タワーの特別展望台が250mなのでほとんどそこから飛び降りるような感覚ですね。

怖すぎる・・・(筆者は高い所が苦手です)
正直やりたくない。(筆者は高い所が苦手です)

しかしバンジージャンプが好きな人にはたまらないですよね!

世界で最も高い位置からのバンジージャンプですし、
施設は「バンジージャンプの父」と呼ばれ世界的に有名なA・J・ハケット氏(これまで200万回を超える全てのジャンプを無事故で成功させている)が協力・考案したもので安全面も問題無いというところが大人気だそうです。 夜に飛べるのも人気の理由みたいです。

macau23

出典-マカオコンシェルジュ

新感覚高所アクティビティ「スカイウォークX」

まずは動画をご覧下さい。(※動画は先ほどと同じものです)

このアクティビティを簡単にいうと

「地上233mで手すりのない道を歩く」です。

macau24

出典-マカオコンシェルジュ

もう罰ゲームですよこれ。(筆者は高い所が苦手です)

macau25

出典-マカオコンシェルジュ

『スカイウォークX』

マカオタワーの展望台の外をスリルたっぷりに歩いて回ることができるアトラクション。地上233メートルのタワーの際まで身を乗り出して歩くことができる。歩く幅は160cmしかないが、もちろん命綱となる安全ベルトをつけて歩くので安全だ。安全とはいってもその奇抜さゆえに、心臓の弱い人や高所恐怖症の人にはオススメできないアトラクション。
マカオコンシェルジュ|マカオタワー

この命綱というのが世界初で
「オーバーヘッドレールシステム」というもの。

展望台の外周に添って頭上に命綱を繋げるレールがあるため、手すりがないけど安全な空中散歩を実現しているんですね。

しかもこの命綱がただの安全ベルトでは無いんです!
助走をつけてからこの命綱に捕まればジップスライド的な遊びも可能なんです。

これはまたバンジージャンプとは違ったスリルが味わえるということで大人気だそうです!

世界最大級の「水の劇場」

最後にご紹介するのは専用の「水の劇場」で行われるショー
「ザハウスオブダンシングウォーター」です。

まずは動画をご覧ください

すごいスケール感です!

macau26

出典-マカオコンシェルジュ

『ザ・ハウス・オブ・ダンシング・ウォーターショー』

シルク・ド・ソレイユ等を手がけたFranco Dragone氏により5年の構想期間、2年のリハーサルを経て、2 億香港ドル(200億円) を超える総製作費によって生み出されました。
80名のキャストと制作スタッフ、技術者、プロダイバー130名が世界25の国と地域から結集し、オリンピックサイズのプール5つ分以上の水をたたえた世界最大級の劇場一体型プールを舞台に繰り広げられる 本格エンターテイメント。唯一マカオのみで観られる必見のショー。
マカオコンシェルジュ|ザハウスオブダンシングウォーターショー

macau27

出典-マカオコンシェルジュ

シルク・ド・ソレイユと言えば日本でも大人気でしたよね、そのプロデューサーが手がけたとなれば期待大ですね!

制作費も半端じゃありません

200億円・・・

さすがラスベガスの4倍すごいカジノ街なだけはあります。
これは日本では絶対に見られないので是非見てみたいですね!

日本で予約してからマカオに行こう

今まで紹介したものは世界的にも珍しいものばかりで観光客に大人気です。

しかし!

旅行先で大人気のアクティビティに行くと

・混雑していて出来ない可能性がある
・料金が把握できるか不安
・説明に日本語が用意されているとは限らない

などの不安があると思います。

でも実は、

今回ご紹介したものは全て事前予約可能なんです。
日本で予約してから旅行に行くことを是非オススメします。

今回のマカオアクティビティはこちらから全て予約ができます。
マカオコンシェルジュ|予約受付

もちろん日本語で書かれていますし、料金も日本円なので分かりやすいですね。

ここで予約しておけば当日現地での混雑を気にせずに観光のスケジュールを組めるのも大きなポイントだと思います。
是非マカオを楽しむなら「予約」してから行きましょう!

カテゴリから探す

予約ラボについて