予約ラボでは「予約」に関する独自リサーチ、体験取材などの情報を配信中

FIFA会長が絶賛!2018年ロシアW杯が史上最高の大会になると噂

サッカー

次こそリーグ戦突破!4年後のロシアW杯に向かって走りだせ!

今回のW杯、日本は残念ながらグループリーグ突破ならずで悔しい思いをしましたね。 しかし、くよくよしているヒマはありません!
気持ちを切り替えて4年後のロシアW杯に向かって走り出しましょう!

気になる「2018年ロシアW杯」

russian01

ロシアにサッカーのイメージはあまり無いのですが、ロシアW杯どうなるのでしょうか。
気になる記事を発見したのでご紹介します。

FIFAのゼップ・ブラッター会長は
「東欧、ロシアで開催される初めてのW杯であり、W杯史上最高の大会になるだろう。ここまでは10点満点」
と、大会組織委員会の活動ぶりと、同地でのW杯開催実現に貢献し、支援者でもあるプーチン大統領に称賛を贈った。
サッカー=2018年W杯ロシア大会、11都市12会場で開催

とても順調に進んでいるようですね!
ロシアは国・大統領をあげてW杯を盛り上げようとしているようです、俄然楽しみになってきました!

ロシアってどんなとこ?

russian02

筆者が思い浮かべるロシアのイメージは
広い 寒い ウォッカ マトリョーシカ ピロシキ ボルシチ コザックダンス。。。
などでしょうか。これ以上はあまり浮かびません。笑
「ロシア」という国を知らない人はいないと思いますが、
ロシアに行ったことがある人は少ないのではないでしょうか?
アメリカやヨーロッパなどに比べると観光で行く方も少ないように思います。
今回はそんなロシアという国についてご紹介したいと思います!
4年後も日本が本戦出場することを信じて、色々と予約しちゃいましょう!笑

北の大国「ロシア」

russian03

ロシアはユーラシア大陸北部に位置する大統領制の連邦共和制国家で、首都はモスクワです。
世界で最大の国土面積を持っているのはみなさんご存知だと思います。
ちなみに面積は

17,098,242km2

とにかくでかい

とは思いますが、数字だとよく分かりませんね。笑
ロシアについで国土面積が広いカナダの面積が

9,984,670km2

ん?桁が。。。
約2倍じゃないですか!

大きすぎます。笑
ロシアだけで世界の全ての陸地の11.5%だそうです。

地球(陸地)の1割はロシアだったんですね。

広いだけじゃない「ロシア」

russian04

実は広いだけじゃないんです。
W杯で現地観戦される方に是非オススメしたい観光スポットをご紹介します!

エルミタージュ美術館

russian05

世界三大美術館はパリのルーブル美術館、ニューヨークのメトロポリタン美術館、そしてもうひとつのエルミタージュ美術館はロシアにあります。

「エルミタージュ美術館」
ロシア・サンクトペテルブルグのネヴァ川沿いに建つ国立エルミタージュ美術館は、女帝エカテリーナ二世が、自ら買い集めた絵画コレクションを宮殿内ギャラリーに展示したことを発端に、今日では所蔵作品300万点を超える世界最大級の規模を誇る美術館となっています。 パリのルーブル美術館の30万点、ニューヨークのメトロポリタン美術館の200万点に比べると、圧倒的な所蔵作品の多さを想像することができます。 また、エルミタージュ美術館そのものも第一級の芸術品であり、その美しい建物の外観や内装は、人々の心をとらえ、館内に展示されている作品と共に、人々に深い感動を与えています。
エルミタージュ美術館

russian06

圧倒的な所蔵数ですね。
しかも建物自体がとても美しい。。

ロシアW杯ではエルミタージュ美術館のあるサンクトペテルブルクも開催都市に指定されているので、サッカー観戦の合間に立ち寄れそうです。

クレムリンと赤の広場

russian07

W杯の決勝が行われる首都「モスクワ」
こちらで是非立ち寄りたいのが、赤の広場です。

「クレムリンと赤の広場」
モスクワ川沿いにある旧ロシア帝国の宮殿で、世界遺産にも登録されている。ソ連時代にソ連共産党の中枢があったことから、その別名としても有名。城壁の総延長は2.25kmで20の城門がある。現在はロシア連邦の大統領府や大統領官邸が置かれ、正面には赤の広場がある。
クレムリンと赤の広場の概要

赤の広場というと政治的・歴史的な要所というイメージですが、
「赤」はソビエト連邦の社会主義に起因するものではなく、元々ロシア語では「美しい」という意味もあり、広場の名前は本来「美しい広場」というものだそうで、現在ではモスクワで結婚式を挙げたロシア人カップルが、挙式後に訪れる定番地の一つとしても知られているそうです。

美しい風景と歴史の変遷を感じられる魅力ある場所ですね、是非行きたいです!

モスクワのホテルは世界一高い?

russian08

イギリスの法人向け旅行代理店「Hogg Robinson Group(ホッグ・ロビンソン・グループ)」が世界で最も宿泊費が高い街のランキングを作成しています。
これによるとモスクワのホテルは世界一高く、平均宿泊費は1部屋324ユーロだそうです。なんと日本円で4万5千円です。(2014年7月4日現在)

たしかに高いです。

現地観戦される方には悲しいお知らせですね。
しかしこの調査は高級・有名ホテルが対象となっていて、手頃なお値段で泊まれるユースホステルは含まれていないそうです。
なので、これらのホテルを予約することが出来れば比較的安く現地観戦をすることが出来そうです。
さらにモスクワではここ2年の間で、三つ星のデザイナーズ・ホテルが数十軒開業し、良い客室は、4000~5000ルーブル(約9700~12000円)で見つけることができるそうです!
そしてモスクワでは時期的な差があります。旅行業者を通せば、シーズン中や夏季はより安く宿泊することができるそうです。
ちなみに、9月1日だと、あるホテルの通常1万8000ルーブル(約44000円)の客室は、3500ルーブル(約8500円)で宿泊できるという情報も!とんでもない割引率ですね!

しかし、W杯の時期はもちろん大変な混雑になり安いホテルの予約は困難になるでしょう。
なるべく早く予約することをオススメします!

まとめ

・2018年に行われるロシアW杯はFIFA会長お墨付きの最高の大会になりそう!
・ロシアには会場近くにも観光スポットがたくさん!
・ロシアのホテルは高い。安いホテルは予約合戦になりそう!

カテゴリから探す

予約ラボについて