BACK
Loadingあとでラボる

予約管理システムでクリスマスケーキの販売を効率的に! 導入メリットを詳しく解説

知る・学ぶ

/
2022.10.07
Loadingあとでラボる
ケーキを持つ女性パティシエ

春野凛

大手通信会社勤務を経て、医学系国立大学へ転職。教育分野の教授秘書を務める。その後、ふとしたきっかけでライターの道へ。IT、就職・転職、旅行、グルメ、ライフスタイルなど、様々なジャンルで執筆を担当。分かりやすく、役に立つ記事作りをモットーとしている。

INDEX

クリスマスシーズンになると、洋菓子店などの店舗はクリスマスケーキを求める人で賑わいます。しかし、混雑する環境や長い待ち時間は顧客のストレスとなり、機会損失にもつながりかねません。店舗側も負担が増え、ミスの誘発や人件費の増大といった問題が発生しやすくなります。

このような問題の解決に役立つのが、予約管理システムです。この記事では、クリスマスケーキの販売に予約管理システムを導入するメリットについてまとめました。システム化することで改善できる点や便利になるポイントを詳しく解説します。

店舗におけるクリスマスケーキ販売に関する課題

苺のクリスマスケーキ

クリスマスケーキの販売に関して、以下のようなお悩みやトラブルはないでしょうか。

・クリスマス前後は店内が非常に混み合う
・クリスマスケーキの受け渡しが集中すると接客に手が回らない
・予約管理の不備でお客さまに渡すクリスマスケーキが足りなくなる
・店舗が複数あり、予約注文の集計管理が煩雑化している

店舗が抱える課題の中には、顧客の不満に直結するものも多くあります。中でも注意したいのが、予約管理の不備です。もし、店舗側のミスによって、予約済み分の商品を確保できないような事態になれば大問題です。顧客は怒りや失望感を抱き、「この店は信用できない」「今後はもう利用したくない」というような気持ちになるでしょう。

店舗運営を行う上で、顧客からの満足と信頼を得ることは非常に重要です。予約販売の課題解決のための具体的な対策を検討しましょう。

システム導入でクリスマスケーキの販売を効率的に

パソコンとスマホで予約をする人

クリスマスケーキの販売に関するさまざまな課題を解決に導くのが予約管理システムです。クリスマスケーキの予約受付や在庫管理をすべてシステム化することで、より正確かつ効率的な販売体制が実現します。

クリスマスケーキの販売に対応したシステムは数多くリリースされており、「予約管理システム」「予約システム」「事前注文システム」など名称もさまざまです。それぞれ機能や特徴に違いがあるので、どのようなことができるのかをしっかりとチェックして、店舗に最適なシステムを選びましょう。

予約管理システムを導入する具体的なメリットとは?

「merit」と書かれた付箋とスケッチブック

クリスマスケーキの販売業務に予約管理システムを導入すると、一体どのようなメリットが得られるのでしょうか。代表的な6つのメリットをご紹介します。

「ネット注文・店舗受け取り」が可能に

システム化によって、インターネットからクリスマスケーキの予約受付ができるようになります。顧客側も店舗の営業時間や定休日を気にせず、24時間いつでも好きなタイミングで商品を注文できます。「ネットで注文して、店舗で受け取る」という仕組みを作ることで、双方の利便性が大きく高まります。

また、ネット注文が普及し店頭や電話での予約受付が少なくなれば、その分店舗スタッフの業務に余裕が生まれます。クリスマスシーズンの慌ただしさが軽減され、販売業務により集中できるようになるでしょう。

▼こちらの記事では、ネットで注文後、店舗で受け取りをした消費者のアンケート調査を紹介しています
https://yoyakulab.net/research/survey-on-storereceptionsystem/

販売数量を制限して予約受付ができる

一般的な予約管理システムには在庫管理機能があり、商品の販売数量を制限することができます。例えば、「1日限定100個」「3日間を通して300個」など、店舗の希望通りにクリスマスケーキの販売数を設定できます。

なお、予約数が上限に達すると、画面上に在庫切れのメッセージを表示し、自動的に注文受付を締め切ります。販売数量を制限することは、過剰予約の防止につながります。

来店者数のコントロールで店内の混雑緩和が期待できる

予約管理システムの中には、商品の受け渡し時間をコントロールできるものもあります。例えば「12:00~13:00の商品受け渡しは10人まで」のように時間当たりの受け渡し人数の設定が可能です。

特にクリスマス当日やその前後は店内が混み合いやすく、顧客の待ち時間も長くなりがちです。予約商品の受け渡しを分散させることは混雑緩和に有効であり、来店客はより落ち着いた環境で買い物ができるようになります。

事前決済で当日の商品受け渡しがスムーズに

事前決済機能を使用すれば、クリスマスケーキの予約注文時に決済処理を行うことができます。顧客はクリスマスケーキの予約注文と同時にオンラインで支払いを行い、あとは店舗で商品を受け取るのみとなります。

店舗側は顧客の来店時に商品を渡すだけで、レジを通して代金を確認してお釣りを渡す…といった会計作業が不要になるため非常に効率的です。事前決済機能の活用は、レジの行列防止や店内の混雑緩和にも一役買ってくれることでしょう。

予約状況や注文情報を一元管理できる

クリスマスケーキの予約状況や注文情報を、システムで一元管理することができます。注文データは一覧で表示でき、1日当たりの予約数や時間ごとの受け取り件数などがひと目で分かります。

また、商品が今どのような状態なのかステータスですぐに確認できるのも便利な点です。「準備中」「準備完了」「受け渡し済み」などシステム内にあらゆる情報を集約しているため、商品の準備状況の最新チェックや、顧客情報の確認なども容易に行えます。

業務効率化や人的ミスの防止につながる

予約管理システムの導入によって業務の効率化が進みます。予約受付や注文管理などの業務をシステムで自動化できるため、スタッフの手間や負担を大きく減らすことができます。予約や商品に関する最新の情報を、スタッフ間で簡単に共有できるのもメリットです。

また、手作業で行う業務が減れば人的ミスも少なくなります。予約内容の聞き間違いや予約管理の不備といったトラブルも起こりにくくなるでしょう。

予約管理システムの導入は顧客の利便性や満足度の向上にもつながる

スマホを持ってほほ笑む女性

予約管理システムの導入は、顧客の利便性や満足度の向上にもつながります。

例えば、わざわざ店舗まで出向いてクリスマスケーキを注文したり、営業時間内を見計らって電話注文をしたりするのは、顧客にとって面倒なことです。もし、事前にネットから注文ができるようになれば予約の煩わしさから解放され「また来年もこのお店で注文しよう」という気持ちが生まれるかもしれません。また、予約可能時間を制限することによる機会損失の改善にもつながります。

お客さまの利便性を高め、満足していただくことはリピーターの獲得にも効果的です。予約管理システムの活用によって、利益確保や売上アップも期待できるでしょう。

クリスマス以外のイベントでも予約管理システムは大活躍

カップケーキとマシュマロ

予約管理システムは、クリスマスケーキ販売以外のシーンでも重宝します。例えば、バレンタインやホワイトデーのシーズン。店頭販売と事前予約の2つの販売方式を提供することで、混雑緩和や商品のスムーズな受け渡しが期待できます。また「1日限定100個」など販売数量の制限が可能なので、季節限定商品の上限数を決めて販売したい場合にも役立ちます。

予約管理システムの便利な点は、今回ご紹介した内容以外にも多くあります。もっと詳しく知りたい方は、各サービスが公開しているデモサイトや機能一覧をぜひチェックしてみてください。

予約管理システムの導入を検討してみよう

この記事では、クリスマスケーキの販売に予約管理システムを導入するメリットなどをご紹介しました。予約管理システムの活用は、顧客側と店舗側の双方にとって非常に有益であると考えられます。

顧客側はスマホやパソコンからいつでも手軽に予約ができ、あとは店舗で商品を受け取るだけです。店舗側は業務効率化が進み、目の前の業務により集中できるようになります。ぜひこの機会に予約管理システムの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

春野凛

大手通信会社勤務を経て、医学系国立大学へ転職。教育分野の教授秘書を務める。その後、ふとしたきっかけでライターの道へ。IT、就職・転職、旅行、グルメ、ライフスタイルなど、様々なジャンルで執筆を担当。分かりやすく、役に立つ記事作りをモットーとしている。

INDEX

この記事を読んだ人へのおすすめ

PICK UP STORY

コラム

中谷コラム - 予約の研究

Last update 2022.10.07

特集

予約は未来の約束
~ビジネスを成功させる理想の予約とは~

Last update 2022.10.07

INFORMATION

CONTACT