BACK
Loading追加済み

オープンソースの予約システムについてわかりやすく解説|無料で施設予約などに活用できる

知る・学ぶ

/
2021.06.09
Loading追加済み

tara.tara

関東在住。小売業においてマネジメントや販売促進など他部門での業務を経て、フリーランスのライターとして活動中です。IT関連から生活の情報までさまざまなジャンルの執筆を担当。わかりやすさを心がけ、経験を活かした記事作りをおこなっています。

INDEX

予約システムは、利用者がオンライン上でスムーズに使えて、店舗側は効率的に管理できるのがメリット。さまざまな予約システムがあるので、比較記事やランキング記事などから自社に合ったものを選ぶのがおすすめです。コストが気になる場合は無料で利用できるオープンソースの予約システムも選択肢の1つ。

本記事ではオープンソースのメリットや注意点、広く利用されている「WordPress」の予約システムをご紹介します。 

オープンソースは予約システム作りにおすすめ

オープンソースとは、公開されたソースコードを使ったソフトウェアのこと。ソースコードはプログラミング言語で書かれた記述を意味しています。

一般的なソフトウェアは幅広い人が利用できるように設計されていますが、企業にとっては自社に合わせて最適化できません。導入の際にソフトウェアに合わせて自社ルールを変更する必要性が生じるのが難点です。

オープンソースはソフトやアプリケーションといったソフトウェアの発展を目的としているため、一定のルール内であれば利用や改変が自由にできます。新しいシステムをプラスしたり、システムを併用したりする必要がありません。業種やニーズに適した予約フォームを作成するのにおすすめです。

オープンソースの予約システム導入のメリット

オープンソースは拡張性が高く、自社が欲しい機能に合わせた予約システムとしてカスタマイズしやすいのが、大きなメリットといえるでしょう。

ソースコードが公開されているため、脆弱性や不正なプログラムを確認しやすく信頼性があります。世界中のユーザーによって改良や修正がおこなわれていて、脆弱性が見つかった場合の修正対応もスピーディです。

特定の企業が販売しているものではないため、サービスが終了したり打ち切りになったりするリスクが低く、長期的なメンテナンスが期待できます。また、オープンソースは無償で提供されており、ライセンス費用がかからないのもメリットの1つ。初期費用や導入後のライセンス管理などコストが抑えられます。

予約システムを選ぶときのポイント

予約システムを導入する場合は、自社サービスに適している予約タイプを選ぶようにしましょう。

スケジュール(イベント)型

あらかじめ日時が決まっている業種業態向けの予約システムです。料理教室やセミナー、ヨガのレッスン、宿泊施設などに適しています。

タイムテーブル型

時間の設定を自由に選べる予約システムです。ヘアサロン、エステサロン、ネイルサロン、マッサージ、歯科医院などに適しています。

ほかにも、時間とスタッフを指名して予約できるタイプや、スクールレッスンで振替予約ができるタイプなどもあるので、ニーズに合わせて選びましょう。

オープンソースを導入するときの注意点

オープンソースには多くのメリットがありますが、注意すべきポイントも把握しておきましょう。

ライセンスの形態

ソフトウェアによってそれぞれライセンスが宣言されているため確認が必要です。

オープンソースと明示されているか

無償で公開されているソフトウェアのすべてがオープンソースとは限りません。オープンソースと明記されていないものは自由に改変できないので注意しましょう。

マニュアルやサポート

有償で販売されているソフトウェアはマニュアルやサポートが用意されていますが、無償のオープンソースには整備されていないケースが多いです。

オープンソースの代表的存在「WordPress」とは?

「WordPress」はWebサイトやアプリの作成ができるオープンソースのソフトウェア。世界中で利用されているオープンソースの代表的存在です。

専用の管理画面でテキストの入力や画像の挿入をしたり、見栄えがいいデザインのレイアウトを利用したりして簡単に記事を投稿できます。専門的な知識がない初心者でも多機能なサイトを作れるのが魅力です。

WordPressのプラグインで予約システムに対応

WordPressには機能を追加するためのプラグインが提供されており、無料のものから有料のものまで、さまざまな機能のものがあります。プラグインを活用すれば、サイトに予約システムを設置することが可能です。

WordPressのプラグインは2021年5月現在、58,000個以上提供されています。プラグイン一覧から、キーワードを入力して検索しましょう。

WordPressに導入できる予約システムのプラグイン

WordPressのプラグインで提供されている予約システムをご紹介します。

美容サロン向けの予約システム「Salon Booking」

スタッフが顧客に1対1でサービスを提供する業務業態に適した予約システムです。おもに美容室の予約向けに作られていますが、ネイルサロンやマッサージ、病院、歯科医院などにも対応できます。

予約はわかりやすいユーザーインターフェースで入力でき、ドラッグ&ドロップで予約変更が可能。電話で受けた予約の時間調整にも便利です。また、スタッフのシフト管理も対応しており、予約可能時間と連動しています。

▼プラグイン入手はこちらから⇒https://ja.wordpress.org/plugins/salon-booking/

宿泊施設向けの予約システム「Booking Package」

初心者でも使いやすいシンプルな設計の予約システムです。宿泊施設以外にもセミナーや会議室、イベントなどさまざまな予約タイプに対応できる機能を備えています。

予約時間は分単位での設定に対応しており、柔軟なスケジュールを作成可能です。また、オンライン決済では、クレジットのほかに「PayPal」や「Stripe」での支払いも処理できます。

▼プラグイン入手はこちらから⇒https://ja.wordpress.org/plugins/booking-package/

マンツーマンレッスン向け「Online Lesson Booking」

WordPressの会員管理機能を利用した、タイムテーブルタイプの予約システムです。オンラインでのマンツーマンレッスンを提供するサービスに適しています。

管理者が自分でスケジュールを設定。会員はタイムテーブルをクリックして予約が可能です。予約やキャンセルの通知はEメールで届きます。予約情報はデーターベースに作成されるテーブルに保存される仕組みです。

▼プラグイン入手はこちらから⇒https://ja.wordpress.org/plugins/online-lesson-booking-system/

イベントタイプの予約システム「Events Manager」

1日単位や複数日のイベント登録に対応した予約システムです。イベントの場所を割り当てて、それぞれのイベントを表示できるほか、予約申請や予約状況の確認も可能。

イベントカレンダーの機能を網羅していて、フルサイズのカレンダーにはリスト形式でイベントが表示されます。小さいサイズのカレンダーは日付をクリックするとリストの表示が可能です。

▼プラグイン入手はこちらから⇒https://ja.wordpress.org/plugins/events-manager/

WordPressで作った自社サイトへはクラウド型予約システムの埋め込みも可能

WordPressで制作したサイトへはプラグイン以外に、クラウド型予約システムサービスを利用して作った予約システムを設置することもできます。

Webに埋め込むタイプが多く、ドラッグ&ドロップで操作できるなど初心者でも使いやすいのがメリット。プラグインよりも簡単に予約システムを設置したい場合に適しています。

以下では、いくつかのクラウド型予約システムを紹介します。WordPressで制作した自社サイトへ実際に埋め込む際の手順が書かれた、各サービスのガイドページへのリンクも掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。

WordPressで作成したサイトと連携「Airリザーブ」

株式会社リクルートが提供している無料の予約システム作成ツール。自社ホームページとの連携に対応しているので、WordPressで作成したサイトへのカレンダー設定が可能です。

予約情報を一元管理できて、24時間の受付により予約の取りこぼしをカバー。予約枠は、顧客が時間を選ぶ「自由受付」と店舗が事前に予約枠を設定できる「事前設定」から選択可能です。

▼埋め込み方法はこちらからご確認ください ⇒ https://faq.airreserve.net/hc/ja/articles/203693229

埋め込みタイプの予約システム「SELECTTYPE」

株式会社セレクトタイプが運営する予約システム。タグを使ってWordPressに予約カレンダーへの埋め込みが可能です。

イベントタイプをはじめ、営業時間受付タイプ、スタッフ指名タイプ、宿泊施設タイプと、業種ごとに適したテンプレートを用意。予約状況はカレンダーで簡単に管理できます。

▼埋め込み方法はこちらからご確認ください ⇒ https://select-type.com/blog/help/how-to-embed-yoyaku-form/

WordPressで作成したページに導入「RESERVA(レゼルバ)」

株式会社コントロールテクノロジーが提供する予約システム。WordPressで作成したホームページへの埋め込みが可能です。

難しいプログラミングやWebデザインのスキルは必要ありません。初心者でも使いやすい予約システムで、パソコンが苦手な方へのサポートもしています。

▼埋め込み方法はこちらからご確認ください ⇒ https://support.reserva.be/hc/ja/articles/235660068

まとめ:オープンソースの予約システムは低コストで効率的!

予約管理の負担を軽減するのに便利な予約システム。導入にかかるコストが負担になる場合におすすめなのが、無料で利用できるオープンソースの予約システムです。拡張性が高く、自社のニーズに合わせて欲しい機能をカスタマイズできます。

そのほか、WordPressで制作した自社サイトへ埋め込みができるタイプのクラウド型予約システムサービスも便利です。

「WordPress」のプラグインや埋め込みタイプの予約システムを検討してみましょう。

tara.tara

関東在住。小売業においてマネジメントや販売促進など他部門での業務を経て、フリーランスのライターとして活動中です。IT関連から生活の情報までさまざまなジャンルの執筆を担当。わかりやすさを心がけ、経験を活かした記事作りをおこなっています。

INDEX

この記事を読んだ人へのおすすめ

PICK UP STORY

コラム

中谷コラム - 予約の研究

Last update 2021.06.09

特集

予約は未来の約束
~ビジネスを成功させる理想の予約とは~

Last update 2021.06.09

INFORMATION