BACK
Loadingあとでラボる
X X

LINE(ライン)スケジュールの使い方を徹底解説|日程・時間調節調整の方法もご紹介

知る・学ぶ

/
2023.04.13
Loadingあとでラボる
予約ラボ編集部

予約一筋15年のリザーブリンクが運営する『予約ラボ』の編集部です。注目のサービスや、予約から始まるサービス体験、予約管理にまつわるビジネスノウハウまで、「予約」に関するあらゆる情報をお届けします!共同研究のご相談や、予約ラボに関わってみたい!という方、お気軽にお問合せください。

INDEX

ビジネスで日程調整を行う際、関わる人と候補日のやりとりをするのは大変なものです。それぞれの人から送られてきた回答を管理することは、想像以上に手間がかかります。

また、近年ではプライベートだけでなくビジネスシーンでも自分のスマートフォンにインストールされているLINEでやりとりをする機会が増えました。

そこで、LINEで日程調整ができればより効率化を図れます。今回はLINEの機能「LINEスケジュール」を使い日程調整をする方法、作成・回答方法や注意点などを紹介します。

  1. LINEスケジュールとは?特徴は?
  2. LINEスケジュールの作り方と共有方法
  3. LINEスケジュールの回答方法
  4. LINEスケジュールを使う際の注意点
  5. LINEスケジュールでのよくある質問
  6. LINEスケジュールで時間単位で指定する方法

目次

 LINEスケジュールとは?特徴は?

LINEスケジュールは、LINEのトーク画面で日程調整を行える機能です。特別なツールやアプリケーションをインストールすることなく、LINE上で日程調整が行えます。LINEでやりとりができる友達と日程調整を行う際に便利です。

ビジネスアカウントや企業でないとLINEでスケジュール調整はできない?

日程調整を行いたい状況は、プライベートだけではありません。近年は私用のスマートフォンをビジネスでも利用する機会も多く、したがって会社の同僚や取引先企業の担当者とLINEで連絡をとることも多いのではないでしょうか。

LINEには誰でも使えるLINEと、企業や商品・サービスの広報・宣伝などを目的としたLINE公式アカウント、ビジネスシーンでの導入を目的としたLINE WORKSがあります。

この記事を読み、LINEスケジュールに興味を持っている方はおそらく、ビジネス目的で利用したいと考えていることでしょう、そのため、「ビジネスアカウントやLINEアカウントを利用しないと、LINEスケジュールを利用できないのでは?」と不安を抱いている方もいるかもしれません。

結論をいうと、LINEスケジュールは誰でも使えるLINEアプリでも利用できます。そのため、LINEスケジュールを利用するためにLINE公式アカウントやLINE WORKSを導入する必要はありません。

LINEスケジュールの作り方と共有方法

ここからは、LINEスケジュールの作り方と共有の方法を紹介します。

方法1:LINEでスケジュールを作成してグループで共有する

まずは、LINEでスケジュールを作成し、グループで共有する方法です。

  1. グループのトーク画面で左下にある「+」をタップし、表示されるメニューの中から「日程調整」を選択します。
  2. 「イベント名」と「イベント内容」を入力。イベント内容はイベントの概要を最大20文字まで入力できます。「日程選択」で日程候補を選択します(複数の日程を選択可能です)。
  3. 「メンバー招待」をタップし、「送信」をタップするとLINEスケジュールが該当するグループのタイムラインとノートに共有されます。

方法2:LINEでスケジュールを作成して個別に招待する

LINEスケジュールを共有したいメンバーを集めたグループがない場合は、まずLINEスケジュールを作成してから該当する友達を招待し、LINEスケジュールを共有できます。

この方法だと新規にグループを作成する必要がないため、手間を省けます。

  1. LINEのホーム画面に表示されている「サービス」から「すべてを見る」を選択し、「サービス一覧」からLINEスケジュールを選択します。
  2. グループのトーク画面で左下にある「+」をタップし、表示されるメニューの中から「日程調整」を選択します。
  3. 「イベント名」と「イベント内容」を入力。イベント内容はイベントの概要を最大20文字まで入力できます。「日程選択」で日程候補を選択します(複数の日程を選択可能です)。
  4. 「メンバー招待」をタップし、LINEスケジュールを共有したい友達を選択します。
  5. 「メッセージ入力」のページが表示されます。デフォルトで入力されているメッセージ「イベントを作成しました。日程を回答してください。」は変更できます。
  6. 「送信」ボタンをタップすると、選択した友達にLINEスケジュールが共有されます。

方法3:グループ外の友だちをスケジュールに招待する

LINEスケジュールを作成し、グループに共有した後に友達を招待する方法を紹介します。

  1. 作成済みのLINEスケジュールをタップすると、「イベント詳細」のページが表示されます。
  2. 「イベントのリンクをコピー」をタップすると、作成済みのLINEスケジュールにアクセスできるリンクをコピーできます。
  3. スケジュールに招待したい友達のトーク画面で、リンクをペーストして送信することで招待できます。
  4. 作成済みのスケジュールを選択し「イベント詳細」のページを開くと、「招待」という項目があります。こちらをタップして友達を選択することで、友達を招待することも可能です。

作成したLINEスケジュールを削除・編集する方法

LINEスケジュールを作成した人は、作成したスケジュールを編集・削除できます。この機能では日付を追加したり、文章を変更したりできます。

  1. 作成済みのスケジュールを選択し、右上にあるペンのマークをタップします。
  2. 「イベント編集」のページが表示されます。こちらのページから日付の変更、文章の変更ができます。
  3. 「イベント削除」をタップすると、作成したスケジュールを削除できます。

LINEスケジュールの回答方法

ここからは、LINEスケジュールに回答する方法を紹介します。

LINE上でスケジュールを確認して出欠を回答する

  1. LINEスケジュールに招待されると、通知が届きます。トーク画面に投稿されたLINEスケジュールをタップして「イベント詳細」を開き、「回答する」をタップします。
  2. 日程回答から自分の出欠状況を選択します。
  3. 「選択」をタップすると回答が送信されます。

LINEスケジュールで自分の回答結果を確認する

回答後にLINEスケジュールをタップすると、自分の回答結果を確認できます。また、この画面で「回答内容を修正」をタップすると、自分の回答を変更できます。

自分の回答内容は他の回答者もわかる

自分の回答した内容は、LINEスケジュールが共有されている他の友達も閲覧できます。

グループに後から参加したユーザーも回答できる

すでに、LINEスケジュール作成後に友達を追加できることをお伝えしました。この友達はもちろん、スケジュール作成後に出欠を回答できます。

後からメンバーが追加されることになった打ち合わせやプロジェクトにも対応できます。

LINEスケジュールを使う際の注意点

LINEスケジュールは便利な機能ですが、利用する際にはいくつか注意すべき点があります。ここではこれらを紹介します。

LINEスケジュールでは基本的に時間を指定できない

LINEスケジュールでは日付を選択できますが、時間を指定できません。スケジュールを作成する際にも回答する際にも、「4月1日(月)13:00〜15:00」のような指定は不可能です。「1日(月)2日(火)」のように、LINEスケジュールでは日付単位のみの日程調整が可能です。

そのため、LINEスケジュールで時間単位まで指定したい場合は、作成者が「イベント内容」欄に「都合のよい時間帯をコメントしてください」と記載したり、回答者がコメント欄に「1(月)は13:00〜15:00であれば出席可能です」と記載するなどして対応しましょう。

LINE WORKSなら社内での時間・日程調整が可能

冒頭で紹介したLINE WORKSには「アンケート」という機能があります。この機能には日程調整や出欠確認など10種類以上のテンプレートが用意されていますので、これらを使用して日程調整を行えます。中には時間を指定できるテンプレートもあります。

LINEを使って日程調整をしたいという要望があり、なおかつ時間を指定した日程調整を頻繁に行いたい場合は、LINE WORKSを利用することを検討することもよいアイデアです。

スマホ版でしか利用できない

LINEはスマートフォンだけでなく、タブレットやパソコンのデスクトップなどさまざまな環境で利用できます。しかし、LINEスケジュールはスマートフォン版のみ提供されているサービスであることを覚えておきましょう。

回答期限を設定できない

LINEスケジュールは回答期限を設定できません。そのため、期限が近づくと回答者にアラートが通知されるなどの機能はありません。

そのため、確実に回答してほしい場合はスケジュール作成者がイベント内容欄に回答期限を記載したり、グループに回答期限を投稿したりする必要があります。また、未回答者に対して個別にフォローすることも忘れないようにしましょう。

LINEユーザーしか使えない

LINEスケジュールはLINEユーザーにしか利用できないサービスです。そのため、LINEを利用していないユーザーはアクセスできず、スケジュールに回答できません。

プライベート感が強い(ビジネスっぽくない)

LINEスケジュールは普段家族や友人とやりとりをしているLINEで利用できるものです。そのため、ビジネスで利用したい場合はプライベートで利用するLINEとの区別がつきにくい、私用のメッセージや画像を仕事相手に間違って送ってしまう可能性があるなどのリスクがあります。

LINEスケジュールでのよくある質問

ここからは、LINEスケジュールを利用するにあたってよくある質問に回答します。

LINEスケジュールに回答できない?

LINEスケジュールに回答できない場合、主に以下の原因が考えられます。

  1. 過去の日付を選択していない
    LINEスケジュールは提示されている全ての日付に対して回答を選択することで、回答を送信できます。すでに過ぎてしまった日付であっても必ず回答しましょう。
  2. エラーや不具合が発生している
    LINEはWEBサービスであるため、エラーや不具合によって回答できないこともしばしば発生します。回答できない場合は以下の方法を試してみましょう。

    ・スマートフォンを再起動する
    ・LINEを再起動する
    ・LINEアプリを最新の状態にアップデートする
    ・WI-FIからモバイルデータ通信に切り替える(あるいはその反対に切り替える)

LINEスケジュールの内容を変更するとどうなる?

LINEスケジュールの内容(日付やイベント名、イベント内容)を変更したとしても、その内容がスケジュールを共有している友達に通知されることはありません。

そのため、変更したことを周知するためには、トーク画面にメッセージを投稿するなどして知らせる必要があります。 また、友達がスケジュールに対して回した場合も通知されませんので、注意してください。

LINEスケジュール作成後にタイムラインに載せないようにできる?

LINEにはかつて、友達のメッセージやステータス変更などが投稿される「タイムライン」という機能がありました。

タイムラインはLINEグループ内の「トーク」や「ノート」機能と連動していたため、LINEグループ内で日程調整を作成するとタイムラインにも掲載されていました。

日程調整結果がLINEのタイムラインに表示されるのは、グループのトーク内でスケジュール調整を行った場合でした。

このタイムライン機能は2021年11月に廃止されたため、現在はLINEスケジュールを作成してもタイムラインへ掲載されることはありません。

LINEのアナウンス機能でトーク上部に固定できる?

LINEのトーク画面では「アナウンス」と呼ばれる機能があります。これは、大切なメッセージをトーク画面の上部に固定できるものです。それでは、この機能でLINEスケジュールをトーク画面に固定することはできるのでしょうか。

結論からいうと、LINEスケジュールをトーク上部に固定できません。しかし、LINEスケジュールの共有リンクを固定することは可能です。

LINEスケジュールの共有リンクを固定する方法は以下の通りです。

  1. トーク画面に投稿されているLINEスケジュールへのリンクをタップ
  2. 「アナウンス」をタップすると、トーク画面の上部にリンクが固定されます。

LINEスケジュールは「VOOM」にまで投稿されてしまう?

「 VOOM」はLINEユーザーが動画を投稿し、共有できる機能です。実は、先ほど解説した「タイムライン」が廃止された際、VOOMに置き換わったのです。

タイムラインからVOOMへと変更された場合、トークやノートとの連動が廃止されたためました。そのため、現在はLINEスケジュールを作成してもタイムラインへ掲載されることはありません。

LINEスケジュールで時間単位で指定する方法

先ほど、LINEスケジュールは日時のみを指定できる機能であり、時間単位での指定はできないことをお伝えしました。それでは、時間単位で指定したい場合にはどうすればよいのでしょうか。

LINEのフォーマットになじみがあり、LINEのインターフェースを利用したい場合はLINE WORKSを導入するというアイデアがあります。しかし、料金プランによって使える機能に制限があること、社外の人に導入してもらうことへのハードルが高いことなどがデメリットとして考えられます。

そこで、LINEスケジュール以外の日程調整ツールを使い、LINEでリンクを共有することもソリューションとして考えられます。日程調整ツールにはさまざまなものがありますので、メリットやデメリット、使いやすさなどを比較検討したうえで導入しましょう。

ChoiceRESERVEを使う

ChoiceRESERVE

リザーブリンクの提供する「ChoiceRESERVE(チョイスリザーブ)」は、予約管理を効率化させるためのツールです。業界・業種を問わず「予約」に関する課題を抱える企業・店舗の方々にご利用いただけます。予約を受け付ける人・する人の特徴や都合に合わせてさまざまなカスタマイズができる点が魅力です。

LINEスケジュールはいつも使っているLINEで日程調整ができるため、普段からLINEを使っている人には使いやすいツールであるといえます。

LINEスケジュールだけでなく、どんなツールにもメリット・デメリットがあります。LINEスケジュールの機能だけでは不十分と感じる場合は、他の日程調整ツールを利用することも検討してみましょう。

▼関連記事
【保存版】打ち合わせの際の日程調整メールの書き方とは

2021年最新版ビジネス向け日程調整ツール5選|業務効率化におすすめ

商談の受付管理や日程調整に予約システムを活用しよう! メリットや導入方法を解説

社内の日程調整メールの文例や書き方は? 調整作業の効率化にはツール活用もおすすめ

 

予約ラボ編集部

予約一筋15年のリザーブリンクが運営する『予約ラボ』の編集部です。注目のサービスや、予約から始まるサービス体験、予約管理にまつわるビジネスノウハウまで、「予約」に関するあらゆる情報をお届けします!共同研究のご相談や、予約ラボに関わってみたい!という方、お気軽にお問合せください。

INDEX

この記事を読んだ人へのおすすめ

PICK UP STORY

コラム

中谷コラム - 予約の研究

Last update 2023.04.13

特集

予約は未来の約束
~ビジネスを成功させる理想の予約とは~

Last update 2023.04.13

INFORMATION

CONTACT