BACK
Loadingあとでラボる

商談の受付管理や日程調整に予約システムを活用しよう! メリットや導入方法を解説

知る・学ぶ

/
2021.12.21 2021.12.25
Loadingあとでラボる

春野凛

大手通信会社勤務を経て、医学系国立大学へ転職。教育分野の教授秘書を務める。その後、ふとしたきっかけでライターの道へ。IT、就職・転職、旅行、グルメ、ライフスタイルなど、様々なジャンルで執筆を担当。分かりやすく、役に立つ記事作りをモットーとしている。

INDEX

商談のアポイント調整に煩わしさを感じた経験はないでしょうか。最近では、商談の受付管理や日程調整の効率化を図るために、予約システムを導入する企業も増えてきています。

そこで今回は、商談の管理をシステム化することによって得られるメリットや、予約システムの活用方法について詳しく解説します。商談に対応した注目の予約システムも紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

商談のアポイント調整に労力を費やしていませんか?

商談の日時を決める際に、電話やメールを利用している方も多いかと思います。商談の日時がスムーズに決まる一方で「お客さまとなかなか連絡が取れず、日時が決まらない」「メールの返信が途絶えてしまった」など、アポイント調整が難航することも少なくないのではないでしょうか。

電話やメール自体はわずかな時間で済ませられるものですが、何度も日時の再検討や連絡が必要になれば、業務の生産性が低下してしまいます。複数の商談を抱えているケースでは、スケジュール管理が複雑になり、日時の勘違いやダブルブッキングなどのミスも起こりやすくなります。

また、アポイント調整が難航することで、顧客に煩わしさを感じさせてしまうのも大きな問題点です。その結果、商談に対する顧客のモチベーションが失われ、せっかくの商談の機会を逃してしまうおそれもあります。

予約システムの導入で商談の管理がスムーズに

商談の管理業務の効率化には、予約システムの導入がおすすめです。金融、保険、不動産、百貨店、展示会など、様々なシーンの商談に対応した予約システムが数多くリリースされています。

予約システムを導入すれば、商談の受付から日程変更まですべてウェブ上で受付可能になります。従来のように電話やメールで日程調整を行う必要がないので、担当者の業務負担を大きく軽減できます。

また、商談の予約状況や申込者情報をシステムで一括管理できるのもメリットです。スケジュールの把握や顧客情報の確認、商談の事前準備にも役立ちます。

商談の管理に予約システムを利用するメリット

予約システムには商談の受付管理に役立つ便利な機能がそろっています。ここでは、予約システムの導入によってどのようなメリットが得られるのか、具体的に紹介していきたいと思います。

24時間いつでも予約受付が可能になる

予約システムの導入によって、ウェブ上で24時間いつでも商談の予約受付が可能になります。営業時間や定休日を気にすることなく、ユーザーにとって都合のいいタイミングで自由に予約を入れられるため、商談の機会を逃しません。

予約方法も簡単で、予約用のカレンダー上から希望の日時を選択して、氏名や連絡先などの情報を入力するだけ。メール作成や電話連絡のような手間がかからず、煩わしさがありません。気軽に予約できる仕組みなので、商談数アップも期待できるでしょう。

アポイント調整の手間が省ける

予約システムは、企業側があらかじめ商談可能な日時を予約カレンダーなどに登録しておき、その中から希望の日時をユーザーに選択してもらう仕組みです。商談の予約・日程変更・キャンセルがすべてユーザー自身の手で行えるため、従来のような電話やメールを使ったやり取りが不要になります。

予約状況はリアルタイムで反映される仕組みで、変更やキャンセルによって空いた日時にも即時予約が可能です。アポイント調整の手間が省けるだけでなく、合理的な商談受付が実現します。

商談日時の勘違いや予約忘れを防止する機能も

予約システムの便利な機能のひとつに、メールの自動配信機能があります。代表的なものには、予約が完了したことを知らせる「予約受付メール」、予約忘れを防止する「直前お知らせメール」、商談後にお礼を伝える「サンキューメール」などがあり、適切なタイミングで申込者へ自動配信されます。

予約受付メールや直前お知らせメールの活用は、商談日時の勘違いや予約忘れの防止に有効です。また、商談後に丁寧なサンキューメールを送ることは、顧客との信頼関係の構築やイメージアップにもつながります。

商談業務の一括管理が可能

商談のスケジュールや申込者情報をシステム上でまとめて管理できるのも、予約システムを利用するメリットです。仮に、電話やメールで商談のアポイントを受けた場合でも、その都度予約システムに入力するようルール化しておけば、商談に関する情報をシステムで一括管理できます。

予約システムの管理画面からは、予約状況一覧の確認や顧客情報の検索が可能です。商談日時や内容、顧客情報などが即座に分かるため、確認や問い合わせにもスムーズに対応できます。

相手のニーズを考慮して商談の準備が行える

ユーザーが予約時に入力した情報は自動的にシステム内に記録され、顧客管理やデータ分析に活用できます。氏名や属性といった個人情報や、要望、来店動機など、商談に役立つ情報の収集と把握が可能です。

事前に要望や来店動機が分かれば、それぞれの顧客に合う提案の準備や、最適な担当者の選定が行えます。万全の状態で商談に臨めるので、商談を良い方向に進められる可能性も高くなるでしょう。

多機能かつコストを抑えた運用が可能な「クラウド型予約システム」に注目

商談の受付管理に利用できる予約システムは数多くリリースされており、その種類も様々です。その中でも近年人気を集めているのが「クラウド型予約システム」と呼ばれるタイプ。便利な機能を多く搭載しながら、コストを抑えた導入・運用が可能なのが大きな魅力です。一般的には、初期費用+月額料金という料金形態で、必要に応じてオプション機能を追加することもできます。

クラウド型予約システムの操作方法は比較的シンプルで、設定や管理もそれほど難しくありません。システムの知識がない初心者でもスムーズに利用できる扱いやすさも人気の理由となっています。

商談に対応したクラウド型予約システム3選

ここでは、商談に対応したクラウド型予約システムを3つ紹介します。予約システムを選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

「Airリザーブ(エアリザーブ)」

大手企業のリクルートが手掛ける「Airリザーブ」。金融機関の相談窓口、住宅販売や保険カウンターの来店接客など、様々な商談に対応した予約システムを提供しています。

権限管理機能を利用して、管理画面のアクセス制限やグループ企業内での利用制限などを細かく設定することが可能です。所属や役職に応じて権限を付与することで、セキュリティレベルの向上が図れます。

▼サービス公式サイト:https://airregi.jp/reserve/

「RESERVA(レゼルバ)」

350以上の業種に対応した豊富な予約システムが用意されており、各種商談にマッチした予約システムの導入が可能です。住宅販売、金融窓口、銀行受付、ローン相談、店頭買取販売、サービスカウンターなど、あらゆる窓口・来店接客に対応しています。

わずか3分ほどですぐに導入できるうえに、操作も簡単。パソコン初心者でもスムーズに利用できるように作られています。月額無料のフリープランを含む、5つの料金プランがあり、商談の規模や予算に合ったプランを選べるのも特長です。

▼サービス公式サイト:https://reserva.be/

「ChoiceRESERVE(チョイスリザーブ)」

業界大手や公共機関、上場企業から中小企業まで幅広い導入実績を誇る「ChoiceRESERVE」。どんな業種の商談にも対応できる予約システムを完備しており、導入の相談はもちろん、運用後のお悩みまで丁寧なサポートが受けられます。

国際規格のセキュリティ認証を取得するなど、高度なセキュリティも特徴で、情報漏洩や不正アクセスへの対策がしっかりされているのも信頼できるポイントです。

予約システムとしての質はもちろん、セキュリティやサポート体制の評価も高く、「初めてで分からないことが多いので、相談しながら予約システムを検討したい」という方や、「管理体制が整った信頼性の高い予約システムを導入したい」という場合にもおすすめです。

▼サービス公式サイト:https://yoyaku-package.com/

商談の日程調整や情報管理に予約システムを活用しよう

予約システムの導入によって、商談業務の一括管理と効率化が実現します。商談受付や日程調整、さらに顧客情報の管理もシステム上で完結できるため、担当者の対応コストを大きく削減できます。

また、予約受付時に顧客の要望や来店動機などの情報が得られることで、商談に必要な提案や最適な人員を事前に準備しておけるのもメリットです。顧客に満足してもらえる対応ができれば、商談が成功する可能性も大きく上がることでしょう。

春野凛

大手通信会社勤務を経て、医学系国立大学へ転職。教育分野の教授秘書を務める。その後、ふとしたきっかけでライターの道へ。IT、就職・転職、旅行、グルメ、ライフスタイルなど、様々なジャンルで執筆を担当。分かりやすく、役に立つ記事作りをモットーとしている。

INDEX

この記事を読んだ人へのおすすめ

PICK UP STORY

コラム

中谷コラム - 予約の研究

Last update 2021.12.21

特集

予約は未来の約束
~ビジネスを成功させる理想の予約とは~

Last update 2021.12.21

INFORMATION