BACK
Loadingあとでラボる

予約システム管理に無料のLINEが使える?! 公式アカウントと連携した方法を徹底比較

知る・学ぶ

/
2021.06.21 2023.02.01
Loadingあとでラボる

tara.tara

関東在住。小売業においてマネジメントや販売促進など他部門での業務を経て、フリーランスのライターとして活動中です。IT関連から生活の情報までさまざまなジャンルの執筆を担当。わかりやすさを心がけ、経験を活かした記事作りをおこなっています。

INDEX

店舗で電話やメールで予約を受け付けることに、負担を感じていませんか?

店舗にとっても顧客にとっても便利に使えておすすめできる方法の一つが、無料で作成できるLINEの公式アカウントと連携した予約システムを導入する方法です。

店舗でLINEアカウントを利用すると、多くのメリットが得られます。例えば、顧客からの質問などに自動で応答できる、や予約フォームへのリンクをまとめて送信できるなど、予約管理にかかる人手を軽減して顧客対応に集中できます。

今回は、LINE公式アカウントや提携した予約システムについて詳しくご紹介します。予約管理に悩む店舗運営担当者の皆様に役立つ情報ですので、ぜひご覧ください。

目次

予約システムと提携できるLINE公式アカウントとは?

LINE公式アカウントは、無料で開設できるビジネス向けのサービスです。メッセンジャーアプリ「LINE」上に企業や店舗がアカウントを作成し、顧客に情報やクーポンなどを届けるサービスを提供しています。

LINE公式アカウントは無料で開設できる

LINE公式アカウントの管理画面には、パソコンを利用したWeb版と、スマートフォン(Android・iOS)を利用したアプリ版があります。

LINE公式アカウントの中には「認証済みアカウント」と呼ばれるものがあり、アカウントを開設した後に申請し、審査を通過することで取得できます。

認証済みアカウントになると青色のバッジがつき、LINEアプリ内で検索結果に表示されます。また、LINEのキャラクター入りの販促用ポスターを無料でダウンロードできたり、LINEが提携している請求書決済サービスを利用できたりと得られるメリットは多いです

LINE公式アカウントでできること

LINE公式アカウントで主にできることは以下のとおりです。

メッセージ配信

友だち追加している顧客にメッセージを送れます。

LINEチャット

友だち追加している顧客と、LINEのトークのように1対1でのコミュニケーションをとれる機能です。顧客からのメッセージに含まれるキーワードに対応した自動応答を設定することもできます。

友だち追加広告

LINEアプリ内に友だちを獲得するための広告を出せます(認証済みアカウントが対象)。

リッチメニュー

顧客がLINE公式アカウントのトーク画面を訪れた際、画面下部に大きく開くメニューを表示できます。

タイムライン投稿

友だち追加している顧客のタイムラインに情報を投稿できます。

レポート機能

友だち登録している顧客の反応をレポートで確認できます。

LINEの予約システムとは?

それでは、LINE公式アカウントを利用した予約システムとはどんなものでしょうか。それは、LINE公式アカウントを対象とした「LINEで予約」というサービスを利用するものです。

「LINEで予約」は、LINE公式アカウントから店舗への予約ができるサービスです。顧客はLINE公式アカウントのメッセージやプロフィールから、予約フォームにページ移動するだけ。このように、簡単な操作で店舗の予約ができます。

また、「LINEで予約」以外にもLINE公式アカウントと連携した予約システムのサービスを利用する方法もあります。

ここからは、まず「LINE公式アカウントと連携した予約システムサービス」を徹底比較して紹介します。そのあと、LINE公式アカウントを開設する手順や予約システムサービス導入手順などをお伝えします。ぜひ参考にしてください。

LINE公式アカウントと連携した予約システムサービスを徹底比較!

店舗への予約を受付・管理する方法としては、ホームページやウェブサイトへ予約システムを設置したり、自社アプリを開発したりする方法があります。しかし、どちらも開発コストや人的コストがかかるため、全ての店舗で実施できるわけではありません。そんな場合は、LINE公式アカウントとの連携による予約システムの活用をおすすめします。

LINE公式アカウントと連携した予約システムを利用すると、店頭や電話での受付対応に人手がかからず、顧客とのコミュニュケーションを取りやすくなることがメリットです。これ以外にもメッセージをリアルタイムで確認してもらえる、営業時間外の予約にも対応できるなど効率的な店舗運営ができます。ほとんどが有料のサービスですが、無料でトライアルができるものや一部サービスを無料で利用できるプラン・コースを準備しているものもあります。

それでは、主なサービスをご紹介します。

予約時の悩みを解決できる「リピッテビューティー」(株式会社コネクター・ジャパン)

リピッテビューティーはネイルサロン、スポーツジムやヨガスタジオなど幅広い業種・業界に導入されています。店舗全体へのシステム導入のほか、スタッフ個人やフリーランス、開業したての個人事業主にも適した自動予約管理システムです。

「セグメントメッセージ配信機能」では、自動取得した来店回数や予約日などの情報と、店舗で手動入力した性別や誕生日などの顧客情報を活用し、特定の状況の顧客にメッセージを送信。次回予約の案内や、誕生日など個別タイミングでの特別割引メッセージやリマインドメッセージを配信し、リピーターの育成をサポートします。

▼サービス内容

  • 初期費用:9,800円
  • フリープラン:あり(無料デモ体験)
  • 料金プラン:8,000円/月(税別)(店舗利用)、2,000円/月(税別)(個人利用) など
  • 基本機能:導入サポート、予約管理、顧客管理 など
  • オプション機能:セグメント配信機能、システム連携
  • 導入業種例:美容院、ネイルサロン、まつげサロン、エステサロン、クリニック、ジム、ヨガスタジオなど

※価格、利用条件などは2023年1月現在のもの

ハイレベルのセグメント配信が可能「Poster」(株式会社モスコソリューションズ)

「Poster」はLINE上の友だちへメッセージを配信する際、過去のメッセージの既読反応やクーポンの消費状況などのさまざまな条件を設定できることが特徴のサービスです。細かい条件を指定してさまざまなパターンのメッセージを送信することは、顧客の信頼やエンゲージメント向上につながります。

また、おしゃれなデザインのメッセージテンプレートの活用や、オリジナルクーポンの作成などにも対応。チャット機能では、1対1での個別チャット機能により返信が可能です。

▼サービス内容

  • 初期費用:なし
  • フリープラン:あり(友だち300人まで)
  • 料金プラン:980円/月(エントリープラン、友だち5,000人まで)、5,000円/月(ビジネスプラン、友だち20,000人まで)友だちが20,000人を超える場合はカスタムプランの利用も可能
  • 基本機能:テンプレート管理、セグメント配信機能、チャット機能、リッチメニュー利用など
  • オプション機能:LINE Simple Beacon(友だち限定の来店測定)
  • 導入業種例:理美容室・サロン、病院・クリニック、飲食店・小売店 など

※価格、利用条件などは2023年1月現在のもの

予約の一括管理で施術に集中できる「LTV-Salon」(株式会社コアフォース)

「LTV-Salon」は整体院や接骨院、エステサロンなどの業種・業界向けの予約システムです。こちらのサービスは、自動予約管理サービス以外にもGoogleマップ運用代行サービス、LINE公式アカウント作成設定サービスを提供しています。もちろん、全てのサービスを利用しなければならないわけではありません。これらの中から必要なサービスだけを選んで利用できます。

自動予約管理サービスは、電話や対面、またホットペッパーやE-PARKなどの外部予約サービスに対応し、さまざまな手段・タイミングで店舗に入ってくる予約を一括管理できます。

Googleマップ運用代行サービスは、Googleマップへの店舗登録や正しい情報の反映に加え、紹介文や投稿の代行などを行っています。

LINE公式アカウント作成設定サービスは、アカウントの作成やトーク画面のメニュー設定、LINEお友だち追加POPの作成などを代行するものです。

▼サービス内容

  • 初期費用:なし
  • フリープラン:なし
  • 料金プラン:7,000円/月(税別)(1サービス)、9,800円/月(税別)(2サービス)、15,000円/月(税別)(3サービス)
  • 基本機能:自動予約管理、Googleマップ運用代行、LINE公式アカウント作成設定
  • オプション機能:なし
  • 導入業種例:整体院、鍼灸院、整骨院、マッサージサロンなど

※価格、利用条件などは2023年1月現在のもの

インストール不要のミニアプリ「ポケットメンバーズ」(株式会社ジオロジック)

「ポケットメンバーズ」は予約システムにかかるコストの悩みに対応した予約システムサービスです。こちらのサービスはLINEの登録情報を活用する「ミニアプリ」というシステムを採用しています。そのため、インストールも会員登録も要らず気軽に始められます。

LINEでログインすると予約フォームに個人情報が自動入力されるので、日時などを選択するだけで予約が完了。メッセージ機能では、予約確認やリマインド、キャンセル通知に対応可能です。

また、こちらのサービスではデジタル会員証を発行することができますので、店舗のチェックインがスムーズに行える、会員証の紛失を防げるなどのメリットがあります。

▼サービス内容

  • 初期費用:33,000円(ライトプラン)
  • フリープラン:なし
  • 料金プラン:4,584円/月~(ライトプラン)
  • 基本機能:予約受付、メッセージ送信など
  • オプション機能:なし
  • 導入業種例:フィットネスジム、カーディラー、美容クリニック、スクール、塾、初期簿教室、レンタルスペースなど

※価格、利用条件などは2023年1月現在のもの

予約獲得から売上管理まで対応「coming-soon」(株式会社カミングスーン)

LINEと連携したサロン向けのサービス。LINE公式アカウントのタイムラインやアカウントページに予約URLを記載しておけば、いつでも予約受付が可能です。 予約時間枠の設定やスタッフごとの受付設定、集計・分析など便利な機能が充実。特許を取得した予約台帳のシステムや売上管理POSシステムを導入しています。

▼サービス内容

  • 初期費用:30,000円(税別)(ライトプラン、複数店一括契約は割引あり)
  • フリープラン:なし
  • 料金プラン:12,000円/月(税別)(ライトプラン)、20,000円/月(税別)(スタンダードプラン)
  • 基本機能:予約管理機能、ネット予約・予約専用アプリ、店内管理など
  • オプション機能:アプリ・メール一斉送信、電子レシート発行など
  • 導入業種例:美容室、ネイルサロン、エステサロン、マッサージなど

※価格、利用条件などは2023年1月現在のもの

見込み客の取りこぼしを防止「予約onライン」(株式会社ホンゴウ)

LINE公式アカウントに予約機能をプラスできるサービスです。会員登録やログインは不要で、LINEの友だち登録をするだけで予約が可能です。 LINE公式アカウントのチャット機能でキャンペーンやサービスの情報を提供できます。リッチメニューから予約アプリを起動させる設定に対応。クーポンやショップカードを配置したアプローチができるのもメリットです。

▼サービス内容

  • 初期費用:初期設置料11,000円(税込)、導入設定料11,000円(税込)
  • フリープラン:体験用アカウントあり
  • 料金プラン:3,000円/月(税込)(2カ月目以降)初月は日割り計算
  • 基本機能:予約一元管理、リマインダー、クーポンなど
  • オプション機能:ー 導入業種例:ネイルサロン、美容室、美容サロンなど

※価格、利用条件などは2023年1月現在のもの

LINE公式アカウントや「LINEで予約」を初めて使う方へ! 導入方法まとめ

そもそもLINE公式アカウントをどのように開設するか分からない、という方もいらっしゃるかもしれません。そこで、ここでは具体的なステップをガイドしていますので、LINEの公式サイトも確認しながら、ぜひ参考にしてみてください。

LINE公式アカウントを開設する手順

まずは、LINE公式アカウントを開設する際の手順をご紹介します。

1.「アカウント作成」を選択

App Store やGoogl Playから「LINE公式アカウント」のアプリをダウンロードし、アプリを開きます。アプリをダウンロードしなくても、LINE公式アカウントのサービスページからでもアカウントを作成できます。

このどちらかのページで「アカウントを作成」を選択します。

2.個人のLINEアカウントもしくはメールアドレスを登録

個人のLINEアカウントもしくはメールアドレスを登録します。

3.管理画面へログイン

「LINE Official Account Manager」と呼ばれる管理画面へログインすることで、LINE公式アカウントを開設できます。

4.管理画面から基本情報を登録

管理画面から基本情報を登録します。

「LINEで予約」を利用する方法

それでは、実際に「LINEで予約」を利用するための方法を紹介します。

1.予約を受けるための設定をする

設定方法には以下の3つの方法があります。使いやすさや状況に合わせて使い分けましょう。

  • 予約フォームのリンクを一斉に配信する

予約フォームのリンク先メッセージで顧客に配信します。

  • 予約フォームをリンク先に設定する

「リッチメッセージ」「リッチメニュー」「カードタイプメッセージ」のアクションに予約フォームを設定します(リッチメッセージ、カードタイプメッセージは「メッセージ配信」からメッセージの配信が必要です)。

ユーザーが該当領域をタップすると、予約フォームに遷移します。

  • 特定のユーザーに予約フォームのリンクを送信する

「チャット」で特定の顧客に対して予約フォームのリンクを送信します。顧客が特定のメッセージを送信した場合、自動返信で予約フォームを送信する設定を行うこともできます。

ユーザーがメッセージをタップすると、予約フォームに遷移します。

2.予約関連のデータを確認する

「LINE Official Account Manager」の「分析」タブでは、以下のデータを確認できます。

【予約受付数・キャンセル件数】

該当日や週次、月次の予約数とキャンセル件数を確認できるほか、LINE経由での予約数や今後の来店予定の件数も確認可能です。

【予約来店数・キャンセル件数】

該当日や週次、月次の予約受付数やキャンセル件数を確認可能です。

LINE公式アカウントと連携した「LINEで予約」を導入する方法

LINE公式アカウントでは「LINEで予約」サービスによって、LINEの店舗ページや公式アカウントのプロフィールからオンラインで即時対応が可能です。また、LINEのトーク画面を通じて有人または自動応答による予約対応もできます。

1.ぐるなびの加盟店は「LINEで予約」を実装可能

LINEのファーストパートナーである「ぐるなび」に加盟している飲食店の場合、「LINEで予約」を実装できます。実装方法は「ぐるなび」管理画面の最下部にある電話番号からお問い合わせください。

2.LINE公式アカウントとの連携機能を利用

LINE公式アカウントと「LINEで予約」を連携させることで、メッセージやチャットで予約リンクの送付が可能に。リッチメッセージやリッチメニューへの設定もできます。詳しい設定方法は「LINE for Business」のマニュアルページにある、「メッセージアイテム」や「リッチメニュー」からご確認ください。

▼「LINE for Business」マニュアル
https://www.linebiz.com/jp/manual/

まとめ:無料のLINE公式アカウントと連携した予約システムで効率的な運用を実現しよう!

予約管理をシステム化したいけれどコスト面で悩んでいるという場合は、無料で開設できるLINE公式アカウントと連携した予約システムがおすすめです。

LINEは今や、インフラといえるほど多くの人が利用している人気のサービスです。コミュニケーションツールとしてLINEを利用しているユーザーは多く、新規顧客の開拓やリピーターの育成に活用できます。予約にかかる負担を軽減してサービスを向上させましょう。

tara.tara

関東在住。小売業においてマネジメントや販売促進など他部門での業務を経て、フリーランスのライターとして活動中です。IT関連から生活の情報までさまざまなジャンルの執筆を担当。わかりやすさを心がけ、経験を活かした記事作りをおこなっています。

INDEX

この記事を読んだ人へのおすすめ

PICK UP STORY

コラム

中谷コラム - 予約の研究

Last update 2021.06.21

特集

予約は未来の約束
~ビジネスを成功させる理想の予約とは~

Last update 2021.06.21

INFORMATION

CONTACT