BACK
Loadingあとでラボる

EC・小売店への集客にも予約システムを活用できる理由。

ノウハウ

/
2014.02.20 2018.02.05
Loadingあとでラボる
ECと集客と予約システム

OginoKeiko

「予約」を通して皆様のビジネスのお手伝いできることや、お客様とのつながりを作るきっかけを、毎日考えています!

ECと予約システム、実店舗とネット予約システム、一見すると近いようで、あまり実用性が考えられないこの組み合わせ。
販売品の予約?いえいえ、今回は販売品の予約のお話ではありません。
予約システムが実は「集客」という点で、かなり親密な関係があるんです!

ECや小売店は一般的に「商品」を販売するサービスですが、そこに予約システムはどのように関係するのでしょうか?

集客で大切なことは、「新規お客様の獲得」であり、「その商品のリピーター・ファンを増やす」ことですね。
その商品をよく知っていただく手段として広告・口コミなど、いろいろな方法がありますが、その中にあるのが「啓蒙」「体験」。
高額商品や未体験の商品は、お客様にとっては敷居が高い場合があり、販売まで結びつけるにはいくつかのハードルがあります。

そのハードルを下げる一つとして、「啓蒙・体験」のサービス予約です。
「啓蒙・体験」サービス予約は、商品の認知機会を作るだけではなく、予約時に新たな潜在顧客であるお客様情報を蓄積することができます
集まった潜在顧客であるお客様に向け、メール・イベントなどの新たなプロモーションを行うことで、商品の認知・ファン化を進め、集客に繋がります。

例えば、ゴルフ用品の販売であればゴルフレッスン、洋服であれば自社ブランドのコーディネイト教室、食材・食器・調理器具の販売であれば自社製品を使った料理教室など。
商品の購入を検討していないお客様でも、体験を通じて商品を知り、顧客となる機会を作ります。

OginoKeiko

「予約」を通して皆様のビジネスのお手伝いできることや、お客様とのつながりを作るきっかけを、毎日考えています!

この記事を読んだ人へのおすすめ

PICK UP STORY

コラム

中谷コラム - 予約の研究

Last update 2014.02.20

特集

予約は未来の約束
~ビジネスを成功させる理想の予約とは~

Last update 2014.02.20

INFORMATION