BACK
Loadingあとでラボる
Google ニュースでフォロー Google ニュースでフォロー

【ネットで注文・店舗で受取】サービスに関するアンケート調査~購入商品と利用理由~

調査

/
2022.07.06
Loadingあとでラボる
ec_survey-on-storereceptionsystem-2

加藤高士

様々な企業へCRMの導入支援を経て2012年4月株式会社ビジネス・アライアンスを設立。20年以上にわたり企業へマーケティング活動の支援を行う。マーケティングの視点から、予約ラボを通じて予約の可能性について研究を行う。

INDEX

前回の記事に続き「ネットで注文・店舗で受取サービス」の利用状況についてまとめていきたいと思います。
今回は本サービスを利用したことのある1,079人に対して、どのような商品を購入する時に利用したのか?その理由と併せてご報告していきます。

衣料品の購入時に利用した人が全体の約30%でトップ

1_survey-on-storereceptionsystem-2

ネットで予約、店舗で受け取りした商品を聞いたところ、衣料品が最も多く全体の約30%でした。続いて生活用品が約16%、生鮮食品が約10%となっています。

約半数の人は「配送料が無料」が利用理由 ※複数回答

2_survey-on-storereceptionsystem-2

ネットで注文・店舗で受取サービスの利用理由を、複数回答で聞きました。1位は「配送料が無料だから」という理由で約55%。2位は約45%で「好きな時間に受け取ることができるから」となっていました。続いて商品ごとに理由の詳細を見ていきましょう。

生鮮・衣料品・生活用品等の日常購入商品の利用理由は配送料無料が1位

3_survey-on-storereceptionsystem-2

オレンジ色のセルが商品ごとの利用理由の1位となっています。分母が大きい生鮮品、衣料品、生活用品については「配送料無料だから」というのがトップで、全体理由の大きな要因になっています。対して家具や、家電、携帯電話、花などは「好きな時間に受け取れるから」が1位となっており、弁当も「好きな時間に受け取れるから」と「買い物時間の短縮」が上位となっています。商品ごとに利用理由が3パターンに分かれていることが分かりました。

最後に、全体的にリピート利用意向が強かった本サービスですが、その商品ごとの内訳を見てみましょう。

家具は100%の再利用意向、携帯電話、家電は低めの傾向に

4_survey-on-storereceptionsystem-2

再度利用したいと思うかという質問に対して「いいえ」と答えた割合が多かった商品は、携帯電話、家電、その他、生活用品の順になります。対して家具は、家電や携帯電話と同じく熟慮して買うものですが、リピート利用の意向は100%となっていました。

まとめ

1回目の調査報告記事では、主に年代、性別を軸に報告しましたが、概ね若い世代に利用されていることが分かりました。また今回の2回目報告記事では対象となる商品と、その利用理由を軸にご報告いたしました。

理由に対して1位が「配送料無料」、2位が「好きな時間での受け取り可能」、3位が「買い物時間の短縮」となっています。食品や衣料品、家具など、宅配型のネット通販では有料配送となるような商品に対して利用率が高い傾向が見られました。

また「好きな時間での受け取り可能」については、在宅時間が読めない場合等の生活スタイルの人に有効なサービスなのかもしれません。

総じて1位、2位の理由から見ても、従来型のネット通販の隙間を狙ったサービスとして支持されているとも考えられます。

加藤高士

様々な企業へCRMの導入支援を経て2012年4月株式会社ビジネス・アライアンスを設立。20年以上にわたり企業へマーケティング活動の支援を行う。マーケティングの視点から、予約ラボを通じて予約の可能性について研究を行う。

INDEX

この記事を読んだ人へのおすすめ

PICK UP STORY

コラム

中谷コラム - 予約の研究

Last update 2022.07.06

特集

予約は未来の約束
~ビジネスを成功させる理想の予約とは~

Last update 2022.07.06

INFORMATION