BACK
Loadingあとでラボる

予約システム6選を徹底比較! 最新の予約管理ツールからおすすめ機能や無料プランを紹介

知る・学ぶ

/
2021.06.09
Loadingあとでラボる

高城美里

金融機関勤務を経た後、海外に移住。先進国と途上国の両方で通算10年間を過ごし、異文化コミュニケーションと多様性への理解が深まる。帰国後は多ジャンルのWebライティングに携わりながら見識を広めつつ、現在は次なる海外移住のタイミングを模索中。

INDEX

昨今、予約システムを導入する企業が増えています。

来店や宿泊予約、予約制のイベントやスクールなど、Webサイトでのネット予約は顧客にとって便利なうえに、管理側も予約の受け付けにともなう業務効率化を実現できることがメリットです。

今回は予約システムの導入に向けて比較検討したいという方のために、選ぶポイント3つの解説と、編集部が選んだシステムの中から6つを紹介します。各ツールのおすすめ機能もご確認ください。 

予約システムを選ぶときに押さえておきたい3つのポイント

予約システムの導入に向けて、複数のシステムを比較する際のチェックポイントを3つ挙げて解説します。

画面の操作がわかりやすいこと

予約システムの画面操作が簡単なことは、予約受付が便利なだけではなく、業務全体の効率化にも重要です。

予約システムの活用によって、業務の手を止めて電話予約に対応したり、電話中に予約枠の空きや店舗スタッフのシフト状況を確認したりという従来の手間が省けて、本来の業務に集中できます。

また顧客側も、営業時間に限らず24時間365日いつでも空き状況の検索が可能になり、簡単な画面で気軽に予約することができます。顧客側の利便性は、すなわち新規顧客やリピーターの獲得につながると言えるでしょう。

一般に、予約の形式は、時間タイプ・スクールタイプ・会議室タイプ・イベントタイプという4つのタイプに分けられます。担当者・メニュー・時間帯を組み合わせたり、場所・所要時間・定員数などを設定したり、業種や用途に合わせて使いやすく構築できるシステムを選びましょう。

同じ業種での導入実績が多数あること

予約システムを提供する企業の公式サイトでは、導入実績や導入企業数、導入事例などが紹介されています。

自社と同じ業界の企業への導入実績や活用事例が詳しく掲載されていれば、自社のニーズを満たすカスタマイズ性が備わっているかということも確認可能です。さらに、導入に向けた疑問を解決するための相談もしやすいでしょう。

オンライン決済や外部サービスとの連携が可能なこと

予約システムに事前のオンライン決済機能を備えることで、予約時のクレジットカード決済が可能になります。すでに支払いが完了していれば、直前キャンセルや無断キャンセルの発生を防げるので、管理側は損失を回避できます。一方、顧客側も当日の支払いの手間が省けることがメリットです。

外部サービスとの連携が可能なことも業務効率アップにつながります。
たとえば、Googleカレンダーとの連携で、予約情報を他部署と共有することが可能です。また、SNSとの連携で集客のサポートになったり、API連携が可能な予約システムなら、基幹システムや他の業務系システムに予約情報の連携ができるようになったり、予約管理情報の活用範囲が広がります。

【2021年最新】予約システム6選|費用・プラン・使える機能・導入実績数などを比較

プラン別の費用や、使用できる機能などで予約システムを比較したい方のために、ここでは予約システムを6つご紹介します。

さまざまな事業規模にフィットする「RESERVA(レゼルバ)」株式会社コントロールテクノロジー

個人事業主から大企業や官公庁までに対応する豊富な導入実績は、RESERVA公式サイトに掲載されているさまざまな導入事例で確認できるので、自社に合うかどうか検討する際にも役立ちます。

クレジットカード決済機能は、フリープランでも利用可能です。プランごとに、設定されている月間予約件数・顧客件数・メルマガ配信可能件数なども、使える機能と一緒にチェックしましょう。

▼チェックポイント

  • 初期費用:設定なし
  • プラン/月額料金(税込):フリー/0円、ブルー/2,200円、シルバー/5,500円、ゴールド/11,000円、エンタープライズ/22,000円
  • 基本機能:予約管理(メニュー数無制限)、顧客管理、Googleカレンダー連携、オンライン決済 など
  • オプション(上位プランで対応):キャンセル待ち、顧客データCSV出力、予約サイトの初期設定代行 など
  • 導入実績数:170,000社以上
  • サービス公式サイト:https://reserva.be/

月謝制や回数券を使用するレッスン予約などの利用が多い「STORES 予約」ヘイ株式会社

2020年10月に旧Coubic(クービック)から名称変更したSTORES 予約は、お客様向け会員アプリが基本機能として利用できます。Webサイトからの予約よりも、アプリでさらに便利に変更や振り替えなどの手続きが可能になり、リピーター獲得にもつながるでしょう。

有料プランで利用できる機能のほとんどが7日間無料トライアルの対象になっているので、フリープランに含まれていない機能も試すことができます。

▼チェックポイント

  • 初期費用:設定なし
  • プラン/月額料金(税込):フリー/0円、ライト/12,078円、スタンダード/29,678円、プラチナ/77,000円(有料プランには年契約の割引料金あり)
  • 基本機能:予約管理、お客様向け会員アプリ、SEO対策、ネット決済、回数券 など
  • オプション:電話サポート、初期セットアップ代行、SMS配信増加 など
  • 導入実績数:利用サービス数80,000以上
  • サービス公式サイト:https://stores.jp/reserve

予約機能を備えたホームページ作成・運用ツール「Goope(グーペ)」GMOペパボ株式会社

効果的に情報発信できるホームページを新しく作成して予約システムも導入したいという場合は、予約一覧カレンダーも同時に設置できるホームページを、いちから作ることが可能です。

Goopeのユーザーは、従業員5人以下で運営する事業者で約9割を占めているという特徴があります。サロンや店舗の開業で導入コストを抑えたい方に人気のツールです。

▼チェックポイント

  • 初期費用(税込):3,300円
  • プラン/月額料金(税込):エコノミー/1,100円、ライト/1,650円、スタンダード/3,850円(一部、年契約の割引料金あり)
  • 基本機能:予約フォーム(来店予約、テイクアウト専用フォーム、イベント予約)、SNS連携 など オプション:有料SSL
  • オプション(フィッシング対策審査・なりすまし対策)、独自ドメイン、有料テンプレート使い放題 など
  • 導入実績数:登録者数100,000人以上
  • サービス公式サイト:https://goope.jp/

品質の高いサポートが導入企業から高評価「ChoiceRESERVE(チョイスリザーブ)」株式会社リザーブリンク

国際規格のセキュリティ認証を取得したシステムに多彩な機能を備えたChoiceRESERVEは、事業規模の大小を問わず多くの業界に導入されています。

高い信頼を得ている理由のひとつが、予約システム開発のパイオニアとしての専門ノウハウから複数のサポート体制をとっていることです。導入検討中の相談対応と導入後の運用サポートを別々のチームで編成。
さらに運用上の疑問の自己解決を可能にするツール「チョイスリザーブヘルプセンター」も便利です。実際の操作感をデモサイトで試してみると参考になるでしょう。

▼チェックポイント

  • 初期費用(税込):Liteプラン/22,000円、Proプラン/33,000円、Enterpriseプラン/要問合せ プラン/月額料金(税込):Lite/11,000円、Pro/22,000円、Enterprise/要問合せ(月間予約件数301件以上で従量課金あり※すべてのプラン)
  • 基本機能:予約管理、自動配信メール、サイト管理、共有SSL、会員管理機能 など
  • オプション:クレジットカード決済、固定IPアクセス制限、キャンセル待ち など
  • 導入実績数:3,000件超(年間予約件数400万件超)
  • サービス公式サイト:https://yoyaku-package.com/

Air ビジネスツールズのサービス間で情報共有が便利な「Airリザーブ」株式会社リクルート

顧客ごとの予約情報をAirリザーブで管理しつつ、顧客台帳の基本情報はAir ビジネスツールズの他のサービスと共有可能なので、顧客情報の更新をそれぞれのツールで行う必要がありません。そのため、Air ビジネスツールズの他のサービスをすでに利用されている場合は、Airリザーブの導入が簡単です。

予約カレンダーは、顧客側が予約時間を選べる自由受付タイプと、管理側が設定している予約枠を利用する事前設定タイプの2つが用意されています。

▼チェックポイント

  • 初期費用(税込):ベーシックプラン/5,500円、プレミアムプラン/要問合せ プラン/月額料金(税込):フリー/0円、ベーシック/5,500円、プレミアム/要問合せ
  • 基本機能:月間予約件数無制限、予約管理、顧客管理、予約時メール自動配信、SSL など
  • オプション(上位プランで対応):アクセス権限詳細管理、予約情報CSVダウンロード など
  • 導入実績数:非公表
  • サービス公式サイト:https://airregi.jp/reserve/

予約システム機能が充実しているホームページ作成ツール「SELECTTYPE」株式会社セレクトタイプ

予約フォームはもちろん、各種フォームやホームページなどを作成するためのテンプレートが豊富に用意されています。デザインの種類も多く、パソコンでアクセスしたユーザーの目を引く操作画面の作成が可能です。

最短で数分あれば予約フォームが作成可能というほど簡単な設定で、とにかく早く試してみたいという場合に向いています。広告の非表示は有料プランで対応しているほか、予約フォーム以外の各種フォームやホームページの作成は料金設定が分かれているため、すべて利用したい場合はパッケージプランを検討しましょう。

▼チェックポイント

  • 初期費用:設定なし
  • プラン/月額料金(税込):フリー/0円、ベーシック/1,650円、プロフェッショナル/3,300円、プレミアム/11,000円 など
  • 基本機能:予約受付件数無制限、予約管理、顧客管理、クレジットカード決済 など
  • オプション:フォーム作成(アンケート・メールフォームなど)、ホームページ作成
  • 導入実績数:非公表
  • サービス公式サイト:https://select-type.com/ 

まとめ:予約システムの比較は無料プランやデモサイトで実際に試してから

予約システムの導入を検討する際には、各社の公式サイトやWeb上の関連記事の情報などを確認したうえで、無料版やデモサイトで実際に操作をしてみることをおすすめします。操作感も含めて総合的に比較した後、より充実した機能を必要とする場合は有料プランの導入も検討してみましょう。

自社のニーズに合うシステムを選んで、業務効率化や売上げアップに役立ててください。

高城美里

金融機関勤務を経た後、海外に移住。先進国と途上国の両方で通算10年間を過ごし、異文化コミュニケーションと多様性への理解が深まる。帰国後は多ジャンルのWebライティングに携わりながら見識を広めつつ、現在は次なる海外移住のタイミングを模索中。

INDEX

この記事を読んだ人へのおすすめ

PICK UP STORY

コラム

中谷コラム - 予約の研究

Last update 2021.06.09

特集

予約は未来の約束
~ビジネスを成功させる理想の予約とは~

Last update 2021.06.09

INFORMATION