BACK
Loadingあとでラボる

【2021年最新版】Googleのサービスで予約フォームを作成する方法まとめ

知る・学ぶ

/
2021.08.30
Loadingあとでラボる
虫眼鏡の中に「Google」の文字

春野凛

大手通信会社勤務を経て、医学系国立大学へ転職。教育分野の教授秘書を務める。その後、ふとしたきっかけでライターの道へ。IT、就職・転職、旅行、グルメ、ライフスタイルなど、様々なジャンルで執筆を担当。分かりやすく、役に立つ記事作りをモットーとしている。

INDEX

Googleが提供するサービスを利用して、予約フォームが作れることをご存知でしょうか? 導入から運用まで無料のサービスもあり、コストをかけずに予約フォームを設置することができます。この記事では、予約フォームに活用できるGoogleのサービスをまとめて紹介。サービスの内容から予約フォームとしての活用方法まで詳しくお伝えしていきます。さらに、今注目のクラウド型予約システムサービスについても紹介するので、あわせてチェックしてみてくださいね。

【2021年最新】予約フォームに活用できるGoogleサービス3選

Google検索画面を開いたノートパソコン

Googleが無料で提供するサービスの中から、予約フォームに活用できるものを3つ紹介します。「Googleフォーム」「Googleカレンダーの予約枠機能」「Google で予約」これら3サービスについて見ていきましょう。

「Googleフォーム」

Googleフォームは、オンライン上で様々なフォームを無料で作れるサービスです。Googleアカウントを所有していれば、誰でも利用することができます。フォームの作成方法が簡単なうえに、自由に編集できるのが特長で、アンケートや出欠確認、スケジュール調査、連絡先情報の収集など、幅広い用途に利用されています。また、フォームの回答を自動集計して保存する機能もあり、利便性が高いのが魅力です。

▼Googleフォームの詳細についてはこちらから

https://yoyakulab.net/investigation/system_with_googleforms/

予約フォームとしての活用方法

Googleフォームでは、質問に対して回答を入力していくアンケート形式の予約フォームが作成できます。質問数を自由に決められるだけでなく、回答を選択式にしたり、必須回答の設定が行えたりと細かなカスタイマイズが可能です。画像・動画の挿入や、フォームのデザイン変更もでき、用途に合った予約フォームを作ることができます。具体的な使用例としては、ヨガやフィットネスのレッスン参加予約、イベントやセミナーの予約受付、食べ物のテイクアウト受付などが挙げられます。アイデア次第で様々な予約受付に活用することができるでしょう。

Googleカレンダーの「予約枠」機能

Googleカレンダーの予約枠機能とは、Googleカレンダー上に予約枠を設定して、利用者が予約を入れられるようにする機能のこと。「予約枠」という名の通り、予約受付に特化した機能で、複数の利用者にサービスや施設の空き状況、自身の空き時間などを知らせたい場合に便利です。予約枠を作成して公開するには、法人向けのGoogleアカウントを所有している必要があります。

▼Googleカレンダー「予約枠」機能の詳細についてはこちらから

https://yoyakulab.net/investigation/free-google_calendar/

予約フォームとしての活用方法

利用者は、Googleカレンダー上に設定された予約枠の中から、希望する日時を選択して予約を行います。予約後、利用者には予約完了メールが、管理者には予約情報の通知が送信される仕組みです。1つの予約枠に対して1人のみ予約受付が可能で、埋まった予約枠は他の利用者には表示されません。つまり、1つの予約枠に対して複数人の予約受付はできないということになります。Googleカレンダーの「予約枠」機能は1対1のサービスに最適で、個人レッスンの受付、面会予約、会議室やイベントスペースなどの施設管理などに活用できます。

「Googleで予約」

「Googleで予約」は、Google検索、Googleマップ、Googleアシスタントの検索結果からダイレクトに予約手続きができるサービスです。手間をかけずに簡単に予約ができるので、利用者にとって利便性が高く、提供する側にも集客アップが期待できるというメリットがあります。このサービスを導入するには、「Google で予約」と提携済みの予約システムサービス(予約サイト)への登録が必要です。

▼「Googleで予約」の詳細についてはこちらから

https://yoyakulab.net/investigation/google_de_yoyaku/

予約フォームとしての活用方法

「Googleで予約」の利用手順を簡単に説明します。「Google で予約」を導入しているお店をGoogle検索すると、検索結果上でお店の情報とともに「席を予約」「オンラインで予約」などのボタンが表示されます。ボタンをクリックすると予約フォーム画面が開き、予約日時、人数、予約者の名前、連絡先情報などを入力するだけで予約完了です。検索から予約までワンストップで行える手軽さが魅力といえます。「Google で予約」は、飲食店や美容室、エステサロンなど、Google検索から予約に進むパターンの多い業種におすすめのサービスです。

Googleの予約フォームを利用する際の注意点

「CHECK!」の文字

Googleサービスを利用した予約フォームは、コストがかからないという大きなメリットがある一方で、やや利便性に欠けるというデメリットがあります。予約フォームの導入や作成に手間がかかるほか、オンライン決済、メルマガ配信、顧客管理などの機能もないため、予約管理が面倒に感じられることもあるかもしれません。予約システムとしては簡易的なものとなるので、個人経営の店舗など小規模な事業向けといえるでしょう。

また、利用者がGoogleの予約フォームから予約を入れる際、自身のGoogleアカウントが必要になります。Googleアカウント自体は無料で取得できるものの、利用者の中には取得する方法が分からない方や、取得を煩わしく感じる方もいるため、場合によっては集客に影響してしまう可能性が考えられます。

【2021年最新】注目のクラウド型予約システムサービス3選

クラウドマークとアイコン

Googleのサービスを使った予約フォームでは、機能性や利便性に物足りなさを感じることも。そんな場合は、予約管理に特化したクラウド型の予約システムサービスを検討するのもおすすめです。選択したプランやオプションに応じて月額料金を払う仕組みなので、予算やニーズに合わせて選ぶことができます。

数多く存在するクラウド型予約システムの中から、今注目の3つのサービスをピックアップしました。こちらもぜひチェックしてみてくださいね。(※以下、2021年8月時点の情報です)

「RESERVA Reservation(レゼルバ予約)」

5段階の料金プランが用意されており、事業の規模や予算に応じて柔軟に選ぶことができます。初期費用も月額利用料も0円の無料プランがあるのも注目したいポイントです。「月間予約件数100件まで」「登録顧客件数500件まで」といった制限があるものの、基本的な予約管理機能やオンラインカード決済機能などが利用できるので、条件が合えばお得に活用できるでしょう。

▼公式サイトはこちらから

https://reserva.be/

「Goope(グーペ)」

予約機能付きのホームページが作れるサービス。自社ホームページを持っていない場合におすすめです。月々の料金プランは、エコノミープラン1,100円、ライトプラン1,650円、スタンダードプラン3,850円の3種類。リーズナブルな価格で運用することができます。多彩なテンプレートが用意されており、デザインを選ぶだけでホームページが簡単に作れるのも魅力です。

▼公式サイトはこちらから

https://goope.jp/

「ChoiceRESERVE(チョイスリザーブ)」

充実した機能と高度なセキュリティが特長。サポート体制も万全で、導入から運用まで丁寧にフォローしてもらえるので安心感があります。公式サイト上に業種別のデモサイトを公開しており、どのような予約フォームが作れるのか具体的に確認できるようになっています。ユーザーに寄り添った明瞭なデザインの予約フォームで、幅広い顧客層に対応することができるでしょう。

▼公式サイトはこちらから

https://yoyaku-package.com/ 

まとめ:Googleの予約フォームを有効活用しよう

この記事では、予約フォームに利用できるGoogleのサービスや、今注目のクラウド型予約システムサービスを紹介しました。Googleのサービスを活用した予約フォームはやや簡易的ではあるものの、コストをかけずに導入することができます。少人数や1対1の予約受付であれば、十分役立つサービスといえるでしょう。

もっと使いやすい予約フォームを希望するのであれば、予約管理に特化したクラウド型予約システムサービスもおすすめです。予約フォームの需要が高まる今、便利な新しいサービスも増えてきているので、幅広く比較検討してみてはいかがでしょうか。

春野凛

大手通信会社勤務を経て、医学系国立大学へ転職。教育分野の教授秘書を務める。その後、ふとしたきっかけでライターの道へ。IT、就職・転職、旅行、グルメ、ライフスタイルなど、様々なジャンルで執筆を担当。分かりやすく、役に立つ記事作りをモットーとしている。

INDEX

この記事を読んだ人へのおすすめ

PICK UP STORY

コラム

中谷コラム - 予約の研究

Last update 2021.08.30

特集

予約は未来の約束
~ビジネスを成功させる理想の予約とは~

Last update 2021.08.30

INFORMATION